ドコモの東北復興支援活動

ドコモは、2011年12月に「東北復興新生支援室」を設立しました。全国から集まったメンバーの個性を活かし、東北との架け橋となるべく「チームレインボー」の愛称のもと、岩手・宮城・福島を中心に活動を展開しています。

カテゴリー一覧

チームレインボーの取り組み

東北復興新生支援室は東日本大震災被災地の復興・新生に向けて以下の取組みを行っております。

”「いのちをつなぐ未来館(釜石市)」へ展示「津波の仕組み学習システム」デモ動画”

2019年3月23日に一般オープンする岩手県釜石市の「いのちをつなぐ未来館」に展示を行っている「津波の仕組み学習システム」デモ動画です。<br> ※動画は開発中に撮影し...

詳しくはこちら

”「いのちをつなぐ未来館(釜石市)」へ展示「津波の仕組み学習システム」デモ動画”

「釜石鵜住居復興スタジアム」オープニングイベントにおける人流データ実証分析を実施

岩手県釜石市に建設されている球技専用スタジアムである「釜石鵜住居復興スタジアム」の完成を記念して、釜石市が主体となり開催する2018年8月19日(日)のオー...

詳しくはこちら

「釜石鵜住居復興スタジアム」オープニングイベントにおける人流データ実証分析を実施

気仙沼サンマフェスティバルでの来場者把握実証からうまれた「楽楽アンケート」

気仙沼市の地元の有志の方々が中心となって、「気仙沼を元気にしたい」「気仙沼に来てもらいたい、知ってもらいたい」という想いで開催されている、無料のイベント「気...

詳しくはこちら

気仙沼サンマフェスティバルでの来場者把握実証からうまれた「楽楽アンケート」

石巻市でSNS+AI技術を活用したAIスタンプラリーで観光促進にチャレンジ

宮城県石巻市にて、観光を促進する新たな施策として、2018年3月よりSNS(LINE)とAI技術(チャットボット、画像認識)を活用した「AIスタンプラリー」サービスの実...

詳しくはこちら

石巻市でSNS+AI技術を活用したAIスタンプラリーで観光促進にチャレンジ

ドコモグループ2018年度「東北被災地から学ぶ!現場志向の課題解決力養成」研修を実施しました!

2015年から始めました人事部と東北復興新生支援室の合同企画でのドコモグループ社員対象の「東北被災地から学ぶ!現場志向の課題解決力養成」研修。2017年度までは宮城...

詳しくはこちら

ドコモグループ2018年度「東北被災地から学ぶ!現場志向の課題解決力養成」研修を実施しました!

子どもたちが離れたふるさとを「バーチャル遠足」

福島第一原発事故により、今もなお立ち入ることができない双葉町。 現在、原発から80kmに位置するいわき市の仮校舎で学ぶ双葉北・南小学校5、6年生に対して、双葉町の今...

詳しくはこちら

子どもたちが離れたふるさとを「バーチャル遠足」
すべての記事を見る
ページトップへ