docomoの東北復興支援活動

チームレインボーの取り組み

防災・まちづくり(7件)

”「いのちをつなぐ未来館(釜石市)」へ展示「津波の仕組み学習システム」デモ動画”

2019年3月23日に一般オープンする岩手県釜石市の「いのちをつなぐ未来館」に展示を行っている「津波の仕組み学習システム」デモ動画です。<br> ※動画は開発中に撮影し...

詳しくはこちら

”「いのちをつなぐ未来館(釜石市)」へ展示「津波の仕組み学習システム」デモ動画”

「釜石鵜住居復興スタジアム」オープニングイベントにおける人流データ実証分析を実施

岩手県釜石市に建設されている球技専用スタジアムである「釜石鵜住居復興スタジアム」の完成を記念して、釜石市が主体となり開催する2018年8月19日(日)のオー...

詳しくはこちら

「釜石鵜住居復興スタジアム」オープニングイベントにおける人流データ実証分析を実施

石巻市でSNS+AI技術を活用したAIスタンプラリーで観光促進にチャレンジ

宮城県石巻市にて、観光を促進する新たな施策として、2018年3月よりSNS(LINE)とAI技術(チャットボット、画像認識)を活用した「AIスタンプラリー」サービスの実...

詳しくはこちら

石巻市でSNS+AI技術を活用したAIスタンプラリーで観光促進にチャレンジ

3/14~3/18 国連防災会議 in 仙台 出展報告

2015年3月14日~18日、仙台にて、国連防災会議が開催されました。国連防災会議は国際的な防災戦略を策定する国連主催の会議です。 各国首脳、閣僚、国際機関代表、国際...

詳しくはこちら

3/14~3/18 国連防災会議 in 仙台 出展報告

《無人販売セルフレジシステム》地域の良心が支える コミュニティビジネスの新形態

地域には都市から失われつつある良心や支え合いの精神が根強く残っています。地域で見かける野菜の無人販売所が事業として成立しているのが一つの証拠です。世界に誇る...

詳しくはこちら

《無人販売セルフレジシステム》地域の良心が支える コミュニティビジネスの新形態

防災コンテナを活用した監視カメラ設置

2012年3月、宮城県南三陸町に太陽光パネルと蓄電池を利用した監視カメラ付防災コンテナを設置しました。監視カメラでは、津波や高潮などの海岸状況を監視しています。

詳しくはこちら

防災コンテナを活用した監視カメラ設置
ページトップへ