未来へ進むとうほくリポート

フォトパネルを活用したコミュニティ支援

福島県双葉町では、県内や県外へ避難されている町民に対し、「フォトパネル」と、「お便りフォトサービス」を活用した情報配信を行っております。 2012年2月から「フォトパネル端末」を希望された約1,350世帯に配布し、“電子掲示板”として、双葉町からのお知らせなど情報を配信しております。

はじまり〜導入にあたって〜

福島県双葉町は原子力災害特別措置法に基づく警戒区域に指定され、町民は41都道府県で離れ離れに避難生活を送っておられます。 町では町民への情報提供に課題を抱えておられたため、「お便りフォトサービス」というフォトパネルを使った情報配信を提供させていただきました。既存のサービスを応用したため、システム構築などが不要で短期に導入いただくことができました。

しくみ

双葉町では、ホームページに掲載する情報を、テキストから画像データへ変換し、指定されたメールアドレスに一斉にメール配信します。 各世帯に設置しているフォトパネル端末へは自動的に情報が配信され、最新情報が表示されます。受信者側での操作が一切必要ないため、どなたでも簡単に情報を得ることができます。

  • しくみ

笑顔のために〜活動状況〜

双葉町役場には、「双葉町からのお知らせがいろいろとわかり『糸』でつながれている感じ」「仙台にいると双葉町の情報などを知ることが難しいので、大変助かる」「高齢者はインターネットが使えないから本当に便利」など感謝のお手紙が届いているそうです。

  • 笑顔のために〜活動状況〜

  • 笑顔のために〜活動状況〜

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ