未来へ進むとうほくリポート

100に1を教えるより1のスーパープレイヤーを<一般社団法人 ISHINOMAKI2.0>

宮城県石巻市を拠点とするISHINOMAKI2.0は、震災から1年経つ頃から石巻に産業を作るべく、ソフトウェア開発拠点を石巻に設け、若者への教育をメインに活動を続けています。 震災10年後の2021年までに石巻で1000人のIT技術者を育成する という壮大なビジョンを掲げ、小学生アプリ講習会「NCD」、石巻hakcathonなどを精力的に開催しています。

石巻に若者が一人でも多く残れるように

小学生向けアプリ講習会「NCD」を開催しています。
現在、小学校6年生を対象に、どれくらいのスピードで小学生がアプリ開発からリリースまでできるかを実測しながら講習を実行しており、一回2時間程度アンドロイドアプリの講習をしています。
講習にあたっている講師は、去年初めて宮城県石巻工業高校にてアプリを作り始めた学生です。
講師をする事でより新しい発見をしてもらい、学んだ学生を講師に向かえ講習を小学生に実施しています。
このような活動を通じて、アプリ開発者を増やし石巻を発展に繋げていきたいと考えています。

  • 石巻に若者が一人でも多く残れるように

  • 石巻に若者が一人でも多く残れるように

第2回石巻hakcathonの開催

石巻最大の開発イベントです。3日間をかけて初めての方も、学び始めた子もアプリ開発をします。
去年夏に行った石巻Hackathonをきっかけに参加した若者達は大きくかわり始めました。
「より開発を学びたく就職から進学に切り替えた学生」、 「春休みの期間東京の開発系会社へインターンへ修行にいった学生」、「より若い子供達に開発の楽しさを教え始めた学生」など たった3日間のイベントでしたが、大きな一歩を歩んだと思います。

  • 第2回石巻hakcathonの開催

  • 第2回石巻hakcathonの開催

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ