未来へ進むとうほくリポート

大規模自然災害に備えた医療体制・情報収集手段を<特定非営利活動法人災害医療ACT研究所>

石巻赤十字病院の医師らが中心になって活動する特定非営利活動法人災害医療ACT研究所(以下「ACT研」という)は、東日本大震災での医療活動の経験を生かし、災害医療コーディネーターを育成する研修活動を全国各地で 実施しています。研修では、各自治体の中核病院の医師らが災害医療本部の運営を模擬体験したり、避難所運営ゲームを通じ、災害現場における初動対応を学びます。

実戦に対応できる人材の育成手法と新たな挑戦

西日本の太平洋側の各自治体は、南海トラフ巨大地震を想定し行政・医療の連携体制の構築に非常に積極的です。本活動は自治体からの要請による出前研修であることから、受講者は医師だけでなく、自治体職員や地元消防等、医療の枠を超えた行政との顔の見える関係づくりの場にもなっています。
 研修で実施する模擬演習は東日本大震災での経験がそのまま反映されたものになっており、受講者は緊迫感をもって主体的に取り組まざるを得ない実践的なものです。
 東日本大震災時の避難所アセスメントは、紙ベースで行っていたことから、情報の迅速な収集や検索性の悪さといった課題が生じました。この経験を踏まえ、ACT研では次の大規模災害時に備え、避難所アセスメントシステムのデモ環境を構築し、研修に参加した医師に実際に触れてもらい改良を重ねるなど、ITを活用した最適且つ迅速な情報収集の手段を検討し、確実に実用化に近づいています。
 
 ACT研では、本活動を継続するため、年間を通じて賛助会員を募集しています。皆様も是非ご協力いただければと思います

  • 実戦に対応できる人材の育成手法と新たな挑戦

    災害想定マップの作成
  • 実戦に対応できる人材の育成手法と新たな挑戦

    災害医療対策本部模擬演習
  • 実戦に対応できる人材の育成手法と新たな挑戦

    避難所アセスメントシステムの検証

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ