ドコモ 東北復興・新生支援笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト

SEARCH

MENU

MENU

docomoの東北復興支援活動

東北物産品の社内販売会「みちのく☆マルシェin東海」実施

ドコモ社内において、定期的に東北物産品の社内販売会「みちのく☆マルシェ」を実施しています。

応援の輪を広げよう~東海からできること~

当日は、名古屋で東北物産を扱うアンテナショップみちのく屋に協力いただき東北の銘菓や、海産物、地元でメジャーなお菓子や調味料を取りそろえ販売しました。
販売開始から大勢の社員が訪れ第一便が開始間もなく完売、急遽第二便、第三便と商品を追加しましたがすべて完売し、後日追加注文を受け付け販売しました。

■名古屋からもっと東北を盛り上げていきたい~みちのく屋~

今回は買い物をした社員が引き続き東北応援に参加しやすいよう、会社の近くの東北物産を扱うアンテナショップみちのく屋に社内販売の協力を依頼しました。当日の盛況ぶりにみちのく屋も「他では見ないくらいの盛り上がり」と社員参加に感謝いただきました。

  • 応援の輪を広げよう~東海からできること~

  • 応援の輪を広げよう~東海からできること~

もっと知りたい~トワイライトセミナー~

販売会が大盛況な中、もっと詳しく東北復興を知りたいというドコモグループ社員向けに東北の今を伝えるセミナーを同時開催し約60名が参加しました。
チームレインボーのメンバーが現地で感じている現状を伝え、取り組んでいる活動の紹介を行いました。まだ支援が必要なところもあり、東北発のモデル作りによる継続的な支援や離れていても出来る支援などの紹介も行いました。

<セミナーに参加した社員のアンケート>
●ボランティアに参加したことがあり、より理解できた
●マルシェを定期的に開催してほしい
●現場で活躍されている担当の声をもっと聞きたい
●元々興味はあった。時期が合えば是非復興活動に参加したい
●今度は自分の目で現地を見たいと思います、復興3年目というよりまだ始まったばかりで先が長いと感じました

  • もっと知りたい~トワイライトセミナー~

  • もっと知りたい~トワイライトセミナー~

想いを届けに~石巻市立万石浦(まんごくうら)小学校訪問~

今回販売会での売上の1割を株式会社みちのく屋、石巻復興支援プロジェクトあおぞらロングビーチクラブの協力で宮城県石巻市立万石浦小学校へ寄付しました。

万石浦小学校では、震災で使えなくなっていた体育館が4月に建て替え工事を終え、今回の寄付金はそこで使う用具の購入にあてられます。
体育館が使えない間、入学式などは工夫しながら教室で行ってきました。
「以前と同じように行事をさせてあげたい、そのために生徒も先生も、保護者も協力し合い工夫するなどたくましくもなりました」「まだ支援の必要な学校は他にもあります」と相澤校長先生。
万石浦小学校では地域からの協賛品などで小中PTA合同のバザーを開催し地域とのきずなを深めています。震災以降そのきずなはより深くなり、大変な思いもみんなで協力し乗り越えてきました。

東海から東北へ届けた思いは、地域の力になれそうです。

  • 想いを届けに~石巻市立万石浦(まんごくうら)小学校訪問~

  • 想いを届けに~石巻市立万石浦(まんごくうら)小学校訪問~

      2014年4月に完成する体育館

産業の復活にかける~マルマサ近藤水産~

今回小学校を紹介してくださったあおぞらロングビーチクラブの近藤さんのご実家のマルマサ近藤水産も見学させていただきました。
美味しい“のり”を作ることをモットーとして、寒磯のり ( バラ干しのり)、とうがらし塩のり、オリーブ塩のり、ごま風味塩のりなどを販売しています。
震災以降、浸水し被災した機械はすべて修理し製造を再開しましたが、まだ工場一帯は地盤沈下により大潮の時浸水してしまうため前の川をせき止めています。そのため以前は工場に海苔船を横付けし海苔を船から直接取り込んでいましたが、現在は400m先からポンプを使って吸い上げています。
こうしたみなさんの努力のもと宮城県の海苔の生産量は震災前の7割まで戻ってきました。肝心な品質についても塩竈神社から皇室献上ノリを選ぶ奉献乾海苔(ほしのり)品評会で生産者が逸品を競い合い「震災前を上回る」出来になっているそうです。

今回訪問させていただいた万石浦小学校やマルマサ近藤水産では、震災から3年経ってやっと体育館が“復旧”出来るようになったことや、周辺地域でもまだ震災の影響を受けながらも頑張っている姿が大変印象的でした。

訪問前日は石巻市で91年ぶりの大雪に見舞われましたが、小学校周辺は生徒が安全に登校できるよう地域の方が協力して雪かきを行ったそうです、普段から地域と協力し合いいざというときに助け合える姿は全国でもモデルになると感じました。

Special thanks
株式会社 みちのく屋
http://touhoku-michinokuya.jimdo.com/
有限会社 マルマサ近藤水産
〒 986-2114  宮城県 石巻市塩富町一丁目7-26
あおぞらロングビーチクラブ
http://reishinomaki.shop-pro.jp/

  • 産業の復活にかける~マルマサ近藤水産~

  • 産業の復活にかける~マルマサ近藤水産~

     400メートル先よりポンプでのりを吸い上げている

最新の記事

ピックアップ