未来へ進むとうほくリポート

東北応援ギフトカードの販売

被災地の更なる復興支援の一助とすべく、被災地の商品(岩手・宮城)を集め、売上の一部を寄附する「東北応援ギフトカード」を販売しています。

詳しくはこちら

はじまり〜導入にあたって〜

これまで「笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト」サイトにて被災地の産品を紹介し、販売サイトに誘導することで被災地の応援を行ってきましたが、紹介だけに留まらず、ギフトカードという形で被災地の産品を販売することで、直接売上につなげることを目的とし、ギフトカード販売を行っています。

  • はじまり〜導入にあたって〜

    東北応援ギフトカード~みやぎ~
  • はじまり〜導入にあたって〜

    東北応援ギフトカード~いわて~

しくみ

被災地(岩手、宮城)の商品をギフトカード化<3,000円(非課税)>し、被災地支援の一環で販売いたします。購入者はWEBサイトでお好みの商品を選択すると、商品を宅配で受け取る事ができます。
また、売上の一部は「公益財団法人 みちのく未来基金」を通じて、東日本大震災で被災した子供たちの高校卒業後の進学を支援するための基金として寄附させていただきます。
なお、このギフトカードは岩手県宮古市在住のタカミヤユキコさんにデザインしていただきました。

  • しくみ

モニターレポート① 『ボランティアが応募のきっかけ』 矢野 亜紀子さん

東北ボランティアに参加した際に地元の方達が、東北に遊びに来てほしい、東北のものを食べてほしいとおっしゃっていた言葉を思い出しました。
どれもおいしそうで迷いましたが、私はみやぎのギフトカードから「海苔入りソーセージ・ハムセット」をチョイス。
さっそく朝食でいただきました。ウインナーはボイル、ハムはジャガイモと炒めて。
中に入っている海苔の香りが香ばしくお肉の塩気と海苔がとても合います。
今後はゴルフコンペの景品にぜひ利用したいと思います。

  • モニターレポート① 『ボランティアが応募のきっかけ』 矢野 亜紀子さん

  • モニターレポート① 『ボランティアが応募のきっかけ』 矢野 亜紀子さん

モニターレポート② 『年月が経った今だからこそできる復興支援』 鈴木 貴子さん

東日本大震災から約3年半が経ち、今後どのような形で復興支援に携わっていくかをずっと模索していました。もちろん今までも、被災地でボランティア活動をしたり、募金をしたりもしましたが、今後も風化させないため、年月が経った今だからこそできる復興支援がないかと…。
そんな時に出会ったのが、かわいい絵柄の「東北応援ギフトカード」。今まで何度か東北に行きましたが、海の幸も豊富だし、とにかく食べ物が美味しいんですよね。ギフトカードを通して美味しいものが食べられて、しかも寄付にもつながる。そんな新しい復興支援の形に魅力を感じました。

ギフトカードが届いて、まず驚いたのは商品選択も注文も全てWebで行うという点でした。どうしても「ギフト」と言うと、カタログで商品を選んでハガキで注文するというイメージが強かったので。でもその分、サクサク商品選択&注文ができてとっても便利。それにカタログ等がないのでecoだし、何よりかさばらないのが良い!
カードのデザインも、地域の特色ある絵柄がカラフルに描かれていて、とってもかわいい。これなら贈り物に喜ばれそうだし、私だったら例えば、ビンゴ大会の景品などで当たったらとっても嬉しい。

どれも美味しそうで色々迷ったけれど、「炊込みご飯の素とグラタンセット」を選びました。注文してから1週間ちょっとで商品が届くのも早くていいですね。今回の「炊込みご飯の素とグラタンセット」は、簡単に作れるのに、炊込みには牡蠣が、グラタンには帆立がしっかり入っていて、本格的な味でした。

  • モニターレポート② 『年月が経った今だからこそできる復興支援』 鈴木 貴子さん

  • モニターレポート② 『年月が経った今だからこそできる復興支援』 鈴木 貴子さん

  • モニターレポート② 『年月が経った今だからこそできる復興支援』 鈴木 貴子さん

モニターレポート③ 『友人たちから食べたいコールが続々…』 大谷 直也さん

「東北応援ギフトカード」には、「いわて」と「みやぎ」の2種類があり、迷いに迷いました。
「いわて」の「短角亭赤べこレトルトセット」、シチューに入ったゴロリと大きい和牛肉にそそられる!
「めんこい製菓 黄金たまごのチーズケーキ」の、ふわふわたまごも捨てがたい…。
なぜ両方を選べないんだ!と世の理不尽さを嘆きながら、今回は以前に組合のボランティア活動でご縁があったことから、「みやぎ」の「東松島 牛たん塩焼きセット」を選びました。
まあ、このセットのサンプル写真を見れば、どんな理由も言い訳になってしまいそうですが。

日本が世界に誇る仙台牛たん、そのまま焼いて食べるだけでももちろん最高!ですが、そのまま食べては芸がないので、炊飯器にトマトを丸ごとぶち込んでごはんを炊いて、そこに塩焼き牛たんをたっぷり載せて、「牛たんトマト丼」を作りました。
牛たんの濃厚でジューシーな味わいにトマトのさわやかな酸味が加わり、至高の旨さです!
Facebookにあげたところ、友人たちから食べたいコールが続々…お歳暮に「東北応援ギフトカード」を贈ると約束しました。

  • モニターレポート③ 『友人たちから食べたいコールが続々…』 大谷 直也さん

  • モニターレポート③ 『友人たちから食べたいコールが続々…』 大谷 直也さん

  • モニターレポート③ 『友人たちから食べたいコールが続々…』 大谷 直也さん

ページトップへ