ドコモ 東北復興・新生支援笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト

SEARCH

MENU

MENU

被災地のいま

東日本大震災からの復興は、
10年間の復興期間の「総仕上げ」に向けた
新たなステージを迎えています。

写真を見る

被災地のいま・ひと

写真で見る被災地のいま

データを見る

人々の生活

避難者は47万人から約4.8万人まで減少しました。
災害公営住宅もほぼ完成、高台移転もほとんどが完了していることから、新たなステージとして、見守り・心身のケアやコミュニティ支援など「心の復興」が重要になってきています。
また、医療施設や学校施設の復旧も概ね完了しており、インフラ環境も整ってきています。今後は、復興道路・復興支援道路および海岸対策の早期完成など、交通・物流網の整備が課題となっています。

出典:「復興の現状と課題」令和2年2月 復興庁
東日本大震災からの復興に向けた道のりと見通し[令和2年2月版]

コミュニティ支援

ドコモの東北復興支援活動

産業の再生

農業においては、津波で被災した農地面積のうち、92%の面積で営業再開可能、水産加工施設は96%で営業再開しました。売上の回復は業種別にばらつきが見られるため、水産加工業の販路開拓、インバウンドを中心とした観光振興、被災地企業の人材確保等が課題となっています。

農業 水産業 出典:「復興の現状と課題」令和2年2月 復興庁
東日本大震災からの復興に向けた道のりと見通し[令和2年2月版]

観光業の推移

他にもさまざまな応援のカタチや人、活動をご紹介

  • 参加して応援
  • 寄付して応援
  • 未来へ進むとうほくリポート
  • ドコモの東北復興支援活動
  • 災害への備え
  • みんなで投稿!東北の魅力
アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年