災害への備え

防災の取組についてwith防災ガール(岩手県釜石市)

防災ガールさんとの東北旅、まずは1日目の岩手県釜石市での取組についてレポートさせて頂きます。 釜石市総合政策課様、一般社団法人根浜MIND様、宝来館の岩崎昭子女将から釜石市での震災時の状況、鵜住居地区の今後の町の建設計画、根浜MIND様での自主防災の取組(避難道や海難救助の取組)についてご説明頂きました。
今回、一緒に回りました防災ガールさんが作成された記事はこちらのHPは閲覧できます。
↓↓↓↓↓↓

詳しくはこちら

震災を伝える伝承施設の検討

釜石市総合政策課様より、釜石市としての取組を教えて頂きました。
釜石市の中で一番犠牲者が多かった地域である鵜住居地区にて、震災時、地域に起こったことを記憶する場所として、犠牲になった方々へ祈りを捧げる施設や、津波の伝承施設の建設を計画されおり、有識者、地元で地域活動をされているNPO,住民、教育関連の方々というメンバーで、検討を行っています。過去に何が起きたかを正確に伝える必要があると考え、「震災の前にあったこと・震災で失われたこと」両方とも記憶する事を軸としてご検討されています。

  • 震災を伝える伝承施設の検討

    建設中のラグビーワールドカップ競技場
  • 震災を伝える伝承施設の検討

    現在は工事中です。

根浜地区の自主防災の取組

次に、地域の防災の取組について、一般社団法人根浜MINDさんからお話をお聞きしました。震災後、自ら地域の自主防災組織として、団体を立ち上げ、自主防災の活動を進められています。震災時の経験を活かし、旧避難道を改定し、車椅子で逃げられる避難道を作り、町の人や宝来館に宿泊されている方々を誘導できる仕組みを作りました。

標高60m(東日本大震災時津波が来た地点)に子供達が勉強ができる東屋を作ったり、山の反対側のワールドカップ競技場(建設中)からも避難できるような作りになっています。地元の人以外にも観光客や外から来たお客様をどう安全に避難させるか、その仕組みが観光地としてのレベルを上げると宝来館の岩崎女将はお考えです。

・海が目の前の温泉が素敵な宝来館
https://houraikan.jp/

  • 根浜地区の自主防災の取組

    旧避難道
  • 根浜地区の自主防災の取組

    新しい避難道

日本初イギリス式海難救助レスキュースクールの開催

また、他の地区にはない取組として、イギリスにて海難救助を軸に活動を行われている「アトランティック・パシフィック・国際レスキュー・ボート・プロジェクト」と供に、海でのレスキュー・スクールも進めています。この団体は、「日本人はなぜ逃げることしか考えないのか、海の安全を考えることを日本に広げたい」という考えのもと、この根浜地区を拠点に2017年の夏にレスキュー・スクールを開催しました。
根浜海岸には、海難救助を行うボートも設置されています。

  • 日本初イギリス式海難救助レスキュースクールの開催

    倉庫に設置されている海難救助を行うボート(ボートも自ら作る事ができるそうです)
  • 日本初イギリス式海難救助レスキュースクールの開催

    ボートの倉庫の前で!

最後に

お話をお伺いし、「経験したからこそ伝える」という事への想いを強く感じました。
1000年後の孫へ 「必ず生きて生き残って人の役に立つ人になれ」
防災という視点にはなりますが、「お年寄りも弱者も生き残れる」、「伝わるように伝える」
その想いを軸に歩まれている釜石・根浜の方々を改めて応援したいと思いました。
お忙しい中お時間を頂きありがとうございました。

  • 最後に

    皆さんと一緒に

防災ガールさん記事

防災ガールさんが感じたこと!ぜひご一読ください。

【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】私たちが感じる今の東北とは
http://bosai-girl.com/2018/01/15/tweet_tohoku/
【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】さあ、ふたたび東北に行こう!
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku/
【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】東北のいまと、わたしたちの「未来」の話。
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku2/

  • 防災ガールさん記事

関連リンク

▼防災ガールさんと岩手県・宮城県・福島県沿岸部をまわり、各地域でお話を伺ってきました!
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/24/
▼防災の取組についてwith防災ガール(宮城県南三陸町)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/21/
▼防災の取組についてwith防災ガール(福島県)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/22/

ページトップへ