ドコモ 東北復興・新生支援笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト

SEARCH

MENU

MENU

災害への備え

防災の取組についてwith防災ガール(宮城県南三陸町)

防災ガールさんとの東北旅、2日目は宮城県南三陸町での取組についてレポートさせて頂きます。 南三陸観光協会主任 及川和人様から観光協会さん主催で実施されている「防災キャンプ」について、また、南三陸町元副町長遠藤健治様(一般社団法人 南三陸研修センター代表理事)から震災前の防災・震災時の状況・現在の町作りについてお話をお聞きしました。
今回、一緒に回りました防災ガールさんが作成された記事はこちらのHPは閲覧できます。
↓↓↓↓↓↓

詳しくはこちら

防災キャンプ

南三陸町観光協会主任及川和人様から観光協会さん主催で実施されている「防災キャンプそなえ」についてお話をお伺いしました。

このプログラムは、参加される方が自主的に防災について考えざるを得ない環境を構築・提供しているプログラムであり、年に2~5回実施しています。特徴としては、他の自然サバイバル系の防災キャンプとは違い、まさしく発災時の状況を体験し、行動だけでなく精神面からの防災を考える実践型のプログラムになっています。(詳細は参加する人のみの秘密の内容となるため、割愛させて頂きます。)

現状は、企業や大学のゼミ、各自治体の方のご参加があるとのことです。
南三陸町で実践型の防災キャンプを体験し、日頃の防災について考えてみては如何でしょうか。

・南三陸町「防災キャンプそなえ」 「知る」から「できる」そなえへ
https://www.m-kankou.jp/program/18893.html/

・南三陸町観光協会HP 
https://www.m-kankou.jp/

  • 防災キャンプ

    南三陸町観光協会主任及川和人様
  • 防災キャンプ

    及川様と一緒に

遠藤元副町長のお話

2年前の2015年まで南三陸町の役所へ勤務されていた遠藤さん。明治29年の三陸大津波、昭和8年の三陸大津波、昭和35年のチリ地震大津波を経験している南三陸町では、東日本大震災前から町民あげて防災訓練は実施していらっしゃいましたが、50代以下の人が津波を知らない町民が増えてきていたため、訓練が形骸化して来ていた部分もあったのではないか?と振返られています。

南三陸町の特徴としては、地域毎に異なる形での自主防災組織を作った事です。
2013年の宮城県第3次被害想定を元に、浸水しない地域では、被災者を支援する活動を想定し、被災者を支援する活動として、炊き出しできる装置や備品を備えました。
浸水想定地域では、高台へ避難する備品を備え、高台へ高齢者を誘導する避難訓練を実施しました。ただ、実際は、想定を超える大津波だったのです。

遠藤さんは、震災後、何よりも「命を大事に」という考えのもと、復興計画の見直しを行いました。「自分の命を守ることの大切さ。」南三陸町は「食住分離」という考えのもと、命を守る町作りを行っています。今回の地震で津波に浸水した地域は家を作らない、と決めました。ただ、「食住分離」という考え方は、町として新たな様々な課題もでてきているといいます。今後ものこの課題と向き合う事も、今の防災の取組の1つだと感じました。

ご自身の経験から、防災訓練の形骸化をさせない為に、住民が自主的に参加してもらえるように、自分事としてとらえて頂くために、今代表理事を務める「一般社団法人 南三陸町研修センター」にて「防災シュミレーション」という取組を実施したり、避難所体験ができる仕組み作りを行う等、様々な施策を実施検討していらっしゃいます。

  • 遠藤元副町長のお話

    遠藤健治様
  • 遠藤元副町長のお話

    さんさん商店街で町の復興状況をご説明頂きました。

最後に

まずは、「命を守ること」「自分の命を守ってこそ」。震災前震災後ともに責任ある立場にいらっしゃった遠藤様だからこそ伝えて下さったその言葉の重みを切に感じました。
貴重なお話をお話頂き、本当にありがとうございました。
直接お聞きした私達だからこそ、周りへ伝えていきたいと思います。

  • 最後に

    さんさん商店街にて遠藤健治様と一緒に

防災ガールさん記事

防災ガールさんが感じたこと!ぜひご一読ください。

【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】私たちが感じる今の東北とは
http://bosai-girl.com/2018/01/15/tweet_tohoku/
【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】さあ、ふたたび東北に行こう!
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku/
【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】東北のいまと、わたしたちの「未来」の話。
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku2/

  • 防災ガールさん記事

関連リンク

▼防災ガールさんと岩手県・宮城県・福島県沿岸部をまわり、各地域でお話を伺ってきました!
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/24/
▼防災の取組についてwith防災ガール(岩手県釜石市)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/20/
▼防災の取組についてwith防災ガール(福島県)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/22/