災害への備え

防災ガールさんと岩手県・宮城県・福島県沿岸部をまわり、各地域でお話を伺ってきました!

2017年11月、一般社団法人防災ガールさんの目線で「東北の今」を感じて頂き、東北以外の地域の若い世代へ伝えることを目的とし、3日間岩手・宮城・福島をまわってきました。 普段、お世話になっている方々に、震災前の状況、震災時の状況、その後の歩み想いをお話して頂き、改めて考えていかなくてはいけないこと・伝えなければならないこと・関わり続けることの大切さを感じる機会となりました。 普段から、防災という視点で物事をとらえ、本質を見抜き、深く様々な事を感じられている防災ガールさん達との工程は改めて様々な事を考える機会となった3日間でした。 私達からは工程と内容を簡単で恐縮ですがご報告させて頂きます。
今回、一緒に回りました防災ガールさんが作成された記事はこちらのHPは閲覧できます。
↓↓↓↓↓↓

詳しくはこちら

1日目(岩手県釜石市)

・盛岡駅集合
・釜石 宝来館着
釜石市総合政策課様、一般社団法人根浜MIND様、宝来館の岩崎昭子女将から釜石市での震災時の状況、鵜住居地区の今後の町の建設計画、根浜MIND様での自主防災の取組(避難道や海難救助の取組)についてご説明頂きました。

・南三陸町へ移動
途中 陸前高田・気仙沼見学。

詳細はこちらへ
▼防災の取組についてwith防災ガール(岩手県釜石市)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/20/

  • 1日目(岩手県釜石市)

    宝来館
  • 1日目(岩手県釜石市)

    釜石市役所、宝来館の皆さんと一緒に

2日目(南三陸町)

・南三陸町
南三陸観光協会主任 及川和人様から観光協会さん主催で実施されている「防災キャンプ」について、南三陸町元副町長遠藤健治様(一般社団法人 南三陸研修センター代表理事)から震災前の防災・震災時の状況・現在の町作りについてお話をお聞きしました。
・いわきへ移動
途中、福島県6号線沿いの町を見学。

詳細はこちらへ
▼防災の取組についてwith防災ガール(宮城県南三陸町)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/21/

  • 2日目(南三陸町)

    南三陸町観光協会 及川さんと一緒に
  • 2日目(南三陸町)

    一般社団法人 南三陸研修センター代表理事 遠藤さんと一緒に

3日目(福島沿岸部)

楢葉町で当時復興推進課で現場での対応に携わっておられ、現在は産業振興課の農林土木係長である鈴木教弘様より、福島の沿岸部を中心に当時起きたことから現在の町の状況まで現場を回りながらご説明いただきました。
<福島沿岸部訪問先>
・富岡町
・楢葉町
・いわき市

詳細はこちらへ
▼防災の取組についてwith防災ガール(福島県)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/disaster/detail/22/

  • 3日目(福島沿岸部)

    楢葉町産業振興課(元復興推進課) 鈴木教弘さんと一緒に

防災ガールさん記事

【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】私たちが感じる今の東北とは
http://bosai-girl.com/2018/01/15/tweet_tohoku/

【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】さあ、ふたたび東北に行こう!
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku/

【docomo Rainbowプロジェクト連携記事】東北のいまと、わたしたちの「未来」の話。
http://bosai-girl.com/2018/01/16/tohoku2/

  • 防災ガールさん記事

ページトップへ