災害への備え

災害に備える防災豆知識~vol.9~ 体験型施設で防災を楽しく学ぼう

9回目は防災を体験できる施設を紹介します。全国には、シミュレーション技術やマルチメディア技術を利用し、アミューズメント感覚で体験できる防災体験施設が多数あります。このような施設は無料もしくは低価格で利用できます。家族の休日レジャーとして防災を学んでみてはいかがでしょうか。 私の住んでいる神奈川県横須賀市には、横須賀市民防災センター「あんしんかん」があります。「あんしんかん」は、市民が「災害時に自分の身を守るために何をすればいいのか?」を考えるための体験型防災学習施設として設立されました。以下「あんしんかん」での体験内容をご紹介します。

1.防災オリエンテーション

大型シアターで災害時の心得や災害に強い街づくりに向けた防災対策を学習できます。

  • 1.防災オリエンテーション

    防災体験施設をこれから紹介します
  • 1.防災オリエンテーション

    一般~子供向けまで複数のコンテンツを用意しています

2.体験ゾーン(その1)

疑似体験システムにより、地震発生→火災発生→消火器操作→煙体験、を一連の流れで体験できます。

  • 2.体験ゾーン(その1)

    地震体験:震度6の揺れを体験できます

2.体験ゾーン(その2)

  • 2.体験ゾーン(その2)

    消火器体験:スクリーンの火を狙わないとうまく消化できません
  • 2.体験ゾーン(その2)

    ビデオ確認:訓練終了後にビデオで行動チェックができます

3.119番通報体験

電話を使って119番の通報体験ができます。

  • 3.119番通報体験

    119番体験:急病、交通事故、火事の3ケースが体験できます

全国の体験型施設

このような災害の疑似体験できる防災体験施設は全国に多数あります。
以下サイトでは全国の防災体験施設をまとめています。
○市民防災ラボ
http://bosailabo.jp/check/museum/

以上、防災体験施設のご紹介となります。
このような施設で楽しみながら防災を学習し、災害への備えや災害時の行動について家族で話し合ってみましょう。

  • 全国の体験型施設

ページトップへ