未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

すべてのリポート(197件)

だれもがあたたかく受け入れられる社会を。障害を持つ人と家族を支えるプロジェクト

Happy Notes代表 社会福祉士 平形 洋司さん

山形県鶴岡市で、社会福祉士をしている平形洋司さんは、障害を持つ人やそのご家族をサポートするプロジェクト「Happy Notes(ハッピーノーツ)」を進めています。日々の...

詳しくはこちら

だれもがあたたかく受け入れられる社会を。障害を持つ人と家族を支えるプロジェクト

「こころの健康」に寄り添う仙台発のメンタルヘルスケアサービスを

キャロルシステム仙台株式会社

仙台に、メンタルヘルスケアのコンサルティングサービス、「こころコンサル」を提供する「キャロルシステム仙台」という企業があります。長きにわたり仙台の地でITを使...

詳しくはこちら

「こころの健康」に寄り添う仙台発のメンタルヘルスケアサービスを

福島で見つけた「ポジティブ」を詰め込んだカレーを、リアルとオンラインで楽しみたい!

株式会社エフライフ

福島県郡山市のうすい百貨店に、2020年夏オープンするカレー屋「with curry」。郡山市で、福島県産の日本酒と食にこだわったローカルスナック「SHOKU SHOKU FUKUSHIMA」...

詳しくはこちら

福島で見つけた「ポジティブ」を詰め込んだカレーを、リアルとオンラインで楽しみたい!

社会起業家のまち・仙台発 「女性の自立と自由をICTで後押し」

Sonomity代表 高橋そのみさん

仙台市では震災以降、社会起業家を志す人が目立つようになりました。特に女性の起業家が増えており、2015年には「女性活躍・社会起業のための改革拠点」として、国家戦...

詳しくはこちら

社会起業家のまち・仙台発 「女性の自立と自由をICTで後押し」

訪問理美容を広めたい! いわきの美容室「Rodan」の思い

HairCreative RODAN

福島県いわき市内郷(うちごう)で営業する理美容室。現在の店主・鈴木明夫さんは2代目。 通常の美容室のほか、高齢や病気、介護などで美容室に来ることの出来ない人た...

詳しくはこちら

訪問理美容を広めたい! いわきの美容室「Rodan」の思い

いわき駅前にゲストと地元の人をつなぐゲストハウス

Guesthouse & Lounge FARO iwaki

いわき駅前のやまとビルに、この春オープンするゲストハウス。 同ビル3階の「イタリアンカフェダイニング LaStanza(スタンツァ)」オーナーシェフの北林由布子さんが...

詳しくはこちら

いわき駅前にゲストと地元の人をつなぐゲストハウス

サメは復興のキーアイテム 気仙沼に生きる女性起業家の決心

株式会社シャークス

宮城県気仙沼市の熊谷牧子さんは、東日本大震災の津波被害をきっかけに、自分の店を持つようになりました。その名も「SHARKS(シャークス)」。町の名産品であるサメを...

詳しくはこちら

サメは復興のキーアイテム 気仙沼に生きる女性起業家の決心

まるでジュース! 130年の歴史を持つ岩手の「米崎りんご」を後世へつなぐ

特定非営利活動法人LAMP

震災後、岩手県陸前高田市で活動を始めた団体です。町が抱えるさまざまな課題の解決に取り組む中で、歴史ある「米崎りんご」が存続の危機に陥っていることを知り、生産...

詳しくはこちら

まるでジュース! 130年の歴史を持つ岩手の「米崎りんご」を後世へつなぐ

働くママは復興の活力! コットンパールに込めた南相馬への想い

働くママを輝かせるプロジェクト

福島県内の沿岸側にあたる、“浜通り”と呼ばれる地域。その北部にある南相馬市で、地元の綿を使ったコットンパールのアクセサリーブランド、「Ratel(ラーテル)」を立ち...

詳しくはこちら

働くママは復興の活力! コットンパールに込めた南相馬への想い

南三陸の食を活かすワインで地域をつなぐ~南三陸ワイナリー

南三陸ワイナリー株式会社

宮城県南三陸町で、2017年春に始動した「南三陸ワインプロジェクト」。今年2019年に「南三陸ワイナリー株式会社」を設立し、法人化。2018年から、県内の秋保ワイナリー...

詳しくはこちら

南三陸の食を活かすワインで地域をつなぐ~南三陸ワイナリー

3年間の臨時休業から開校へ 双葉中学校ゼロからの再建の道

荒木幸子さん

福島第一原子力発電所から20km圏内でありながら、わずか1カ月半で学校再開を果たした南相馬市の小高中学校。小高中学校で教頭を務めていた荒木幸子さんは、震災の翌年に...

詳しくはこちら

3年間の臨時休業から開校へ 双葉中学校ゼロからの再建の道

「学校に“想定外”があってはいけない」小高中学校1年間の記録

荒木幸子さん

震災当時、福島県南相馬市にある小高中学校で教頭を務めていた荒木幸子さん。荒木さんは、地震発生直後から学校で起こったことをメモに残していました。あの日、学校は...

詳しくはこちら

「学校に“想定外”があってはいけない」小高中学校1年間の記録
ページトップへ