未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

福島県のリポート(60件)

福島で見つけた「ポジティブ」を詰め込んだカレーを、リアルとオンラインで楽しみたい!

株式会社エフライフ

福島県郡山市のうすい百貨店に、2020年夏オープンするカレー屋「with curry」。郡山市で、福島県産の日本酒と食にこだわったローカルスナック「SHOKU SHOKU FUKUSHIMA」...

詳しくはこちら

福島で見つけた「ポジティブ」を詰め込んだカレーを、リアルとオンラインで楽しみたい!

訪問理美容を広めたい! いわきの美容室「Rodan」の思い

HairCreative RODAN

福島県いわき市内郷(うちごう)で営業する理美容室。現在の店主・鈴木明夫さんは2代目。 通常の美容室のほか、高齢や病気、介護などで美容室に来ることの出来ない人た...

詳しくはこちら

訪問理美容を広めたい! いわきの美容室「Rodan」の思い

いわき駅前にゲストと地元の人をつなぐゲストハウス

Guesthouse & Lounge FARO iwaki

いわき駅前のやまとビルに、この春オープンするゲストハウス。 同ビル3階の「イタリアンカフェダイニング LaStanza(スタンツァ)」オーナーシェフの北林由布子さんが...

詳しくはこちら

いわき駅前にゲストと地元の人をつなぐゲストハウス

働くママは復興の活力! コットンパールに込めた南相馬への想い

働くママを輝かせるプロジェクト

福島県内の沿岸側にあたる、“浜通り”と呼ばれる地域。その北部にある南相馬市で、地元の綿を使ったコットンパールのアクセサリーブランド、「Ratel(ラーテル)」を立ち...

詳しくはこちら

働くママは復興の活力! コットンパールに込めた南相馬への想い

3年間の臨時休業から開校へ 双葉中学校ゼロからの再建の道

荒木幸子さん

福島第一原子力発電所から20km圏内でありながら、わずか1カ月半で学校再開を果たした南相馬市の小高中学校。小高中学校で教頭を務めていた荒木幸子さんは、震災の翌年に...

詳しくはこちら

3年間の臨時休業から開校へ 双葉中学校ゼロからの再建の道

「学校に“想定外”があってはいけない」小高中学校1年間の記録

荒木幸子さん

震災当時、福島県南相馬市にある小高中学校で教頭を務めていた荒木幸子さん。荒木さんは、地震発生直後から学校で起こったことをメモに残していました。あの日、学校は...

詳しくはこちら

「学校に“想定外”があってはいけない」小高中学校1年間の記録

いわきらしくないお店? いわきワイナリーが直営ショップをオープン

認定NPO法人みどりの杜福祉会 いわきワイナリー

2009年設立。ハンディキャップのある人々が自立して暮らせるよう、就労支援を行っています。活動が認められ、2013年に福島県初の認定NPO法人となりました。ブドウの栽培...

詳しくはこちら

いわきらしくないお店? いわきワイナリーが直営ショップをオープン

双葉町での店舗再開を夢に――2代目オーナーパティシエのふるさとへの想い

まがら洋菓子研究所有限会社

福島県いわき市の住宅街に、フランスの片田舎を思わせる小さな洋菓子店があります。扉の向こうには、温かみのある表情のケーキや焼き菓子、パンなどがショーケースいっ...

詳しくはこちら

双葉町での店舗再開を夢に――2代目オーナーパティシエのふるさとへの想い

まだやるべきことがある 福島県浪江町の大堀相馬焼を焼き続ける親子

大堀相馬焼 陶吉郎窯

江戸時代から約300年以上続く、福島県浪江町の伝統工芸「大堀相馬焼」の窯元のひとつです。陶吉郎窯は、江戸時代に相馬藩に焼き物師として召し抱えられていた先祖の近藤...

詳しくはこちら

まだやるべきことがある 福島県浪江町の大堀相馬焼を焼き続ける親子

厨房からいわきのおいしさを伝えたい!ふるさとの魅力を知る居酒屋店主の挑戦

和食酒場AFRO

福島県最大の都市であるいわき市。太平洋に面し山にも囲まれた地形で、穏やかな気候が自慢です。映画『フラガール』の舞台としても一躍有名になりました。そのいわき市...

詳しくはこちら

厨房からいわきのおいしさを伝えたい!ふるさとの魅力を知る居酒屋店主の挑戦

やりたいことは全部村で叶えられる――双葉郡川内村にUターンした女性の思い

草野心平記念館「天山文庫」管理人:志賀風夏(しが・ふうか)さん

双葉郡川内村は、双葉郡8町村の中西部に位置し、山の自然が豊かな村です。村内生活者数・約2,100人(2018(平成30)年福島県調べ)。東日本大震災発生後、福島第一原発の3...

詳しくはこちら

やりたいことは全部村で叶えられる――双葉郡川内村にUターンした女性の思い

震災から8年 福島沿岸部の教師と子どもはどう過ごしてきたか

荒木幸子さん

今回は5月15日に、毎日新聞東京本社「毎日メディアカフェ」で開催されたセミナー「震災・原発事故を乗り越える 〜福島県沿岸部の教師と子どもたちの8年〜」をリポートし...

詳しくはこちら

震災から8年 福島沿岸部の教師と子どもはどう過ごしてきたか
ページトップへ