未来へ進むとうほくリポート

漁業生産組合 浜人

何処にも負けない最高級のワカメを食べてもらいたい 石巻市北上町十三浜の若き浜人

漁業生産組合 浜人

震災後、漁で使う船や道具を津波で流された地元の漁師が結束して誕生したのが宮城県石巻市北上町十三浜の「漁業生産組合 浜人(はまんと)」です。
ワカメやホタテ、昆布の養殖から、加工、販売までも漁師自らの手で行ういわゆる六次産業化を実践しています。現在の組合員は全部で13名。漁師であり業務責任者の阿部さんが今までの漁師の仕事を根本から考え直し新しい形態の漁業をここ十三浜からはじめようとしています。

震災をきっかけに十三浜の漁師が結束 「漁業生産組合 浜人」誕生

阿部さんの家族は3.11の震災で、ワカメやホタテ、昆布などの養殖施設が全壊、漁船も流され加工場や住宅も失いました。現在は仮設住宅で家族4人で暮らしています。
漁船などの仕事道具を失い、しばらくは漁に出られずにいる日々でしたが、震災をきっかけに普段は馴れ合いを好まず一匹狼でとおっている浜の漁師たちが一致団結します。
そして誕生したのが「漁業生産組合 浜人」です。

浜人立ち上げ前までの漁師の仕事といえば、ワカメの場合、養殖→茹で上げ→塩蔵(塩分を含ませ長期保存を効かせる工程)までの一次産業に留まっていましたが、今では用途によって冷凍、パッキングなどの加工→販売までを一手に行っています。いわゆる六次産業化です。
養殖から販売までの全工程を行うことで今まで以上に労力がかかりますが、中間コストを削減できるため、利益率が向上し、全工程においていつも同じ人間が携わるので、品質が一定である、というメリットもあります。

浜人の広報的な役割担当の阿部勝太さん

ページトップへ

好環境に恵まれた最高級の地元十三浜ワカメ

地元十三浜のある三陸沖は、暖流と寒流のぶつかる影響で豊富な魚群が集まり、世界でも有数の漁獲量を誇ります。
ノルウェー、カナダと肩を並べる世界の三大漁場です。
また、十三浜の海は外洋で潮の流れが速く海水の透明度が高いため、光合成が活発化し肉厚で歯応えのいいワカメが育ちます。

こういった好環境のなか、浜人では塩蔵にもこだわりを持っています。
通常一般的なワカメは塩分が40%~70%のものが多いですが、浜人では保存に必要最小限の塩分(25%~27%)に留めることで真水で塩を抜いた際のワカメの減少を防ぎ、必要以上にワカメが締まるのを防ぎます。
通常の塩分濃度のワカメは水に戻すと1.5倍程度になりますが、浜人のワカメは3、4倍まで戻ります。
また、基本的に旬を大切にしていますが年中食べたいというニーズにも応えるため、鮮度を極力落とさないよう過冷却による冷凍を行い、乾燥ワカメは32時間じっくりと低温乾燥させて美味しさを保つ努力をしています。

朝揚げたばかりのホタテ

ページトップへ

県外に出荷されると「三陸産」と一括り

このような高品質の美味しいワカメも、今までは県外で売り出すと「三陸産」と一括りで販売されてしまうのが現実でした。
浜人立ち上げ以前はこのような状況を知りつつも見て見ぬ振りをしていましたが、こだわりの十三浜のワカメを全国の人に知ってほしいという想いと、地元漁業の復興という願いから、浜人では出荷する際「十三浜産ワカメ」という表記にしています。
十三浜は宮城県石巻市北上町十三浜なのですが、ここまで詳しい表記は全国でも珍しく、全国に十三浜のファンを増やす役目を担っています。

見ているだけで美味しそうなホタテ

ページトップへ

未来を担うきみたちへ 食・漁業の本当の姿を伝えたい

基本的に漁師は漁ができない日以外に休みがないといわれています。
それも冬の寒い早朝3時頃から漁に出て重労働をこなさなければなりません。
それでも給料がよければまだいいですが、若い頃は皆が皆よいという訳でもありません。
そういった現状から、地元では漁師は6Kと呼ばれ若者から敬遠されています。
また、小学生のなかには地元で採れている海産物がどうやって採れているのかわからず、漁師に興味を持つ子どもが少なくなってきています。
こういった現状を打破すべく、浜人では全国での販売イベントへの参加や、漁業の体験教室、インターンの受け入れを行うことで、漁師以外の異業種とのかわわりや消費者との交流を積極的にとるようにしています。そうすることで自分たちがつくっているものをより深く理解してもらい、消費者へ本当の美味しさを伝えられると考えています。
そして、担い手の少ない十三浜の漁師が増えてくれることを望んでいます。

阿部さんの話は、地元や漁業、食、取扱っている食材に対する熱い想いがひしひしと伝わってくる内容で、ここに日本漁業の未来を見たような気がしました。

2、3分も歩けば、すぐ海

ページトップへ

漁業生産組合 浜人

漁業生産組合 浜人

住所:宮城県石巻市北上町十三浜

ページトップへ