未来へ進むとうほくリポート

このページをSNSでシェアする

ちっちゃなクレープ屋さん

ちっちゃなクレープに込められた、大きな想い

ちっちゃなクレープ屋さん

岩手県大船渡市にある盛駅(さかりえき)から徒歩2分ほどにある「ちっちゃなクレープ屋さん」は、2013年でクレープ屋さんをはじめて6年目となるそうです。
メニューの種類も多くクレープだけでも30種類以上の品揃えには驚きです。
店内にはテーブル席があり店長や友達との会話を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごせそうです。
震災の後いち早く再開し、地元岩手を応援したいと岩手をモチーフとしたクレープメニューも販売しています。

また食べたいと笑顔をみせてくれた

盛駅(大船渡線)から北へ歩くとすぐ、ピンクと白のストライプのオーニングが目に入り、茶色い立て看板には小さく「ちっちゃなクレープ屋さん」の文字がなんともかわいらしいお店です。
カウンターから笑顔で迎えてくれたのは木村由香里さん。笑顔が素敵な「ちっちゃなクレープ屋さん」の店長です。
「はじめはクレープ屋さんをやるぞ!というわけではなく、主人と2人でお店をやりたいと思った。主人は器用なのですぐにできたが、自分はクレープを上手に焼けるまで時間がかかった」とおちゃめに話す木村さん。
震災後は「ものが届かないのと人口が減ってきている。こういうお店は必要ないのじゃないか」と思ったそうですが、「主人の兄から避難所をまわってクレープを提供してほしい」といわれ、またクレープを作ることを決意したそうです。
「クレープを配ったのころ、ちょうど避難所のみなさんが疲れてきているころだったこともあり、すごく喜んでくれた。甘いものを食べてほっとした顔をしてくれて、また食べたいと笑顔をみせてくれた」それがうれしかったと話してくれました。

ピンクと白のかわいらしい店舗

ページトップへ

三鉄クレープに込められた『復興』への想い

大船渡市には盛駅と釜石市の釜石駅を結ぶ三陸鉄道の南リアス線があり、白い車両に赤と青のラインが入った車両は「三鉄(さんてつ)」と呼ばれ庶民の交通手段でもあり鉄道マニアにも人気の車両です。
この三陸鉄道をイメージしてつくられた「三鉄クレープ」はストロベリーとブルーベリーのジャムで三陸鉄道のボディカラーを演出し、クリームの上にはホワイトチョコで型を取ったウミネコがちょこんと乗っています。まるでクリームの海を優雅に飛んでいるかのようなクレープです。
被災した際、ウミネコチョコの「型」が津波によって流されてしまい、しばらく販売することができない状態が続いたそうです。
そんな中、いとこのお姉さんがチョコの型を作ってくれる会社を探し、さらにプレゼントしてくれたおかげで2011年11月に三鉄クレープを復活させることができたのだそうです。
「三鉄が動かなくなってしまったので応援したい。駅が近いので何かできれば」と思っていた木村さんは、三陸鉄道の復活を願い『三鉄クレープ』の売り上げの一部を三陸鉄道への寄付をする活動を続けてきたそうです。
その願いが届いたのか、2013年4月3日、一部の区間で三鉄が再開しました。「みなさんのおかげです。ありがとうございます」と木村さんは話してくれました。

笑顔がすてきな木村さん

ページトップへ

藤原三代とクレープ

「世界遺産登録おめでとう!平泉クレープ」という岩手をモチーフとした人気のクレープがもう一つありました。
「あぁ、クレープや。クレープや。クレープや。」平泉のシンボル中尊寺はマンゴーケーキで。藤原三代清衡・基衡・秀衡は幸運を運ぶ菓子「福だるま」で「夏草や兵どもが夢の跡」芭蕉が詠んだ句はホイップクリームとミントの葉で表現してみました。と書いてあるリーフレットはつい笑みがこぼれてしまいそうなデザインです。
この藤原三代をイメージした「福だるま」にも思い入れがありました。
避難所にクレープを届ける際に、京都に住んでいる親戚の姉から「縁起がいいお菓子なので、被災された方たちに福が来るようにクレープに乗せてはどうか」と送られてきたものだそうです。
そんな思い入れがある「福だるま」は定番メニューのクレープの上でみんなに福が来るようにと今でも飾られています。
先ほどのリーフレットには続きがあります。「東日本大震災で甚大な津波被害を受けた大船渡ですが、私たちは負けません。逆に復興のパワーをこめて平泉にエールを送りたいと思い作りました。」と書いてありました。
ブラインドから暖かな日差しが差し込む店内には、木村さんの「やさしさ」と「たくましさ」があふれていました。
潮風を感じながら、ちょっと甘いものでも食べたいな。そんな時は、ぜひ「ちっちゃなクレープ屋さん」に足を運んでみてはいかかでしょうか。

三鉄クレープ復活しました

ページトップへ

種類の豊富なメニュー

ページトップへ

福だるまがかわいい「平泉クレープ」

ページトップへ

ちっちゃなクレープ屋さん

ちっちゃなクレープ屋さん

住所:〒022−0003 岩手県大船渡市盛町字町11-8

インタビューの模様はこちら → http://779.jp/sanriku_reports/1745/

URL:http://crapeya.web.fc2.com/tenpo.html

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ