ドコモ 東北復興・新生支援笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト

SEARCH

MENU

MENU

未来へ進むとうほくリポート

このページをSNSでシェアする

日本一の赤貝と、閖上の海を守る

有限会社マルタ水産

有限会社マルタ水産

赤貝や小女子など、仙台湾で漁獲される新鮮な海産物を取り扱う水産加工会社です。素材そのものの味を生かし、自分たちが「本当においしい」と思える製品づくりを心がけています。商品は店舗のほかにウェブサイトでも販売しており、「赤貝の塩漬」や「真ガレイの一夜干し」などは県外からの人気も高い商品です。2016年から閖上でしらす漁が始まったため、今後はしらすにも力を入れていく予定です。

写真:代表取締役の相澤 信幸さん(左)、専務の相澤 太さん(右)。

購入はこちらから

日本一の赤貝の産地・閖上

宮城県名取市閖上で漁獲される赤貝は、「日本一の赤貝」と言われています。味が濃く、しっかりと旨みを感じられ、さらに身色も美しい。そんな閖上の赤貝は、多くが首都圏へ出荷されており、ミシュランガイドに掲載される高級寿司店でも使われるほど高い評価を受けています。

色や味、香りがトップクラスだという閖上の赤貝は、奥羽山脈などの栄養分が川から海へと流れ込んで作られると言われています。豊かな海の恵みと共に暮らしてきた閖上は、東日本大震災で大きな被害を受けました。今回は、閖上の海を再び盛り上げようと取り組むマルタ水産のお話を伺いました。

マルタ水産の看板商品「赤貝の塩漬」。素材本来のおいしさを味わうことができます。

ページトップへ

閖上を襲った大津波

マルタ水産は、1968年に閖上で創業した水産加工会社です。看板商品の「赤貝の塩漬」は、県外から注文を受けるほどの人気です。

「赤貝本来の香り、食感、そして味を失わないよう、水揚げしたその日に加工しています。素材の味を生かした、自分たちが心から『おいしい』と自信を持って勧められる商品だけを作っています」と代表取締役の相澤信幸さん。こだわりの詰まった「赤貝の塩漬」は、2009年に農林水産大臣賞を受賞しています。

しかし、閖上地区は東日本大震災による津波で大きな被害を受けました。津波の高さは3〜4mにも達したと言われており、多くの建物と同様に、マルタ水産も会社を失いました。

「この先どうすれば良いのかと途方に暮れていたところ、静岡の会社とご縁がありまして、半年間の約束でお世話になることにしました」と専務の相澤太さん。信幸さんと共にしらすが有名な静岡へ移り住み、その加工を手伝うことにしたのです。

しらすは天気の良い日に天日干しで乾燥させます。

ページトップへ

人とのつながりが生んだしらす漁

あっという間に半年が経ち、2011年の秋、相澤さんたちは閖上に戻ってきました。まずはカレイの加工を始め、続いて赤貝の漁が再開するというので工場を間借りして本格的な加工を行うように。2012年2月にオープンした商店街「閖上さいかい市場」にマルタ水産も店を出し、加工品の販売を始めました。

しかし、震災によって海の状況が変わったのか、閖上の名物である赤貝や小女子の漁獲量は減少していました。原発事故に伴う風評被害も重なり、閖上地区の水産業は苦境に立たされることになります。

そんな状況を打破する大きな変化が起こったのは2016年でした。閖上で初めてしらす漁が解禁されたのです。しらすを獲ったことのある漁師がいないため、漁のコツを教えるためにはるばる静岡から漁師の方々が来てくれました。

「震災後にお世話になった静岡の方々が来てくださり、魚探レーダーの設定方法から指導してくれました。しらすに関しては素人だった私たちに惜しげもなくノウハウを教えてくださって、本当に感謝しています」と信幸さんは語ります。

閖上でしらす漁が始まった2016年の水揚げはわずか1キロ。それが翌年には30トンにもなりました。全国の漁獲量を考えるとまだまだ少ない量ですが、閖上のしらす漁はこれからが本番です。

「静岡のしらすに似て、ぷっくりしているね」と言われたという閖上のしらす。

ページトップへ

閖上の街はこれから盛り上がる

専務の太さんは、昨年獲れたしらすで「北限の釜揚げしらす」という商品を開発しました。中身はもちろんパッケージにもこだわり、裏面にはしらすを活用したレシピも書かれています。

「閖上のしらすはまだ漁獲量もさほど多くありませんから、まずは地元の方々に食べてほしいです。地元に愛され、それが少しずつ県外へと広まっていくというのが本当のブランドではないでしょうか。漁師の方が獲ってくれたものを、大事に消費者の方へ届ける。それをこれからも大切にしていきたいですね」

現在閖上では、温泉やスポーツ施設など、さまざまな建物の建設が進んでいます。数年後にはかなりにぎやかな街になることでしょう。そのときに、「しらすも閖上の名物」と言われるよう、マルタ水産は地元に根付くような商品の開発に力を入れているのです。

太さんが作った「北限の釜揚げしらす」。裏面にはしらす丼やサラダのレシピが書かれています。

ページトップへ

有限会社マルタ水産

有限会社マルタ水産

宮城県名取市閖上4丁目480-90
※マルタ水産の商品は、以下のURLから購入できます。種類や用途で選ぶことができ、贈答品としても喜ばれます。

URL:http://www.maruta-suisan.jp

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ