未来へ進むとうほくリポート

東松島あんてなしょっぷ まちんど

とりあえず住んで、やるだけやってみよう

東松島あんてなしょっぷ まちんど

「あんてなしょっぷ まちんど」は、ブルーインパルスグッズや市の特産品、海産物、新鮮な農産物などの東松島市の商品はもちろん、県外の交流商品もたくさん揃えており、この「あんてなしょっぷ まちんど」でしか見つけられない商品もあるなど楽しさいっぱいのアンテナショップです。

商品のおすすめレポートはこちら

たまたま来た場所が東松島だった

「震災の年、東松島で毎年行われている夏まつりを手伝いに来たのがはじまりだった」と話してくれたのは千葉県出身で当時関東に住んでいた太田さん。
「東北に対して何かしたいなと思っていた」という太田さんは東松島に来ようと思ったわけではなく、本当にたまたま来た場所が、この東松島だったそうです。
はじめてボランティアをして朝から晩まで夏祭りを手伝って充実感はあったが、特別誰かと仲良くなることもなく帰路に着いたそうです。
「もう少しいろんなところを見て回ろうと思いながら、ふと海岸線に車を止めた。惨状と分かっていたつもりだったが、実際の状況を見て急に悲しくなってきて、すぐ車を走らせた」といいます。「正直光景が怖かった。行かなければよかった」と自分に対してイライラしながら関東へ帰ったそうです。しかし、どうしても忘れられなくて悶々としていた気持ちを解決したいと思い「とりあえず住んで、やるだけやってみよう」と再びこの東松島へ訪れたそうです。

東松島の情報を発信している太田さん

ページトップへ

自分のなかで決めていた1年という時間

「無職であろうがとりあえず1年と決めて東松島に来たのだが、気付いたら2年ちょっと経っていた」と話す太田さんは「ここを被災地だという意識を外している。田舎の地域の活性化であって復興するためにやっているんじゃない。かわいそうだからではなく正々堂々と見てほしい。旨いものは旨い。不味いものは不味いと」いうスタンスでこの東松島の人たちと触れ合っているようです。
太田さんは毎朝のように漁港に通っては相沢さんの漁船に乗せてもらっていたそうです。理由を聞くと「ただ単純に乗ってみたかった 漁師はテレビのなかのものと思っていたし、刺激的で景色がきれいだから」と毎日顔を合わせることで少しずつ漁師と打ち解け合っていったのでしょう。
「何百回も船に乗っているが1回も作業を手伝ったことがない。一緒にやってしまった瞬間に他人の壁が近づいてしまって感情が入ってしまうので手伝わない」と地元の人たちとの距離を保ちながら信頼関係を築いてきたようです。
さらに、漁師の奥さんたちが味付けや焼きなど海苔の2次加工を行っている「のり工房」では、太田さんが主に販路の拡大やホームページを作成し情報発信をしています。

大曲店「ふれ愛いちばまちんど」

ページトップへ

自分たちの手で作り上げたチーム東松島

「銀座で物産展があるのでやりませんか」と声をかけられ、市役所に掛け合ったそうですが、当時は復興がメインで観光には力は貸せませんと言われてしまったそうです。
それなら「自分たちで物産展に参加しよう」とグループ「チーム東松島」をつくるため地元の有志とともに民間の企業へ「東松島のPRのために力を貸してほしい」と呼びかけると、賛同してくれた企業は26団体まで膨らみ、今も毎月イベントに参加しているようです。
チーム東松島の窓口として「まちんど」の存在が中枢的な役割になっていたことから、まちんどのオーナーから「本格的にやりなさい」と2013年3月から契約を結び、まちんどでの業務としてはじめたそうです。
今でも月に4、5回ほどイベントに参加し、お世話になったところや声のかかったところにはお祭りの規模に関係なく必ず「お礼を兼ねて元気になりました」と物産展を行っているそうです。
現在、東松島は輪が出来ていて一つにまとまっているが、問題点もあるといいます。東松島市は旧矢本町と旧鳴瀬町が2005年4月1日に合併してから9年ほど経つそうなのですが「東松島」といわれても知名度が低く分かってもらえていないのが現状のようです。
ブルーインパルスを扱うことで、東松島をもっと知ってもらい身近に感じてほしい。東松島に来たいと思わせるような仕掛けづくりをしていきたいと太田さんは意気込みを語ってくれました。
東松島市、特に矢本地区にとって太田さんの存在は大きいものになっており、復興に追い風を起こしているようです。
これからも地元や漁師を巻き込んでより多くの情報を発信し、太田さんが作成したホームページやFaceBookなどの笑顔の写真がたくさん増えていくことを願っています。

東松島の商品がずらりと並んでいます

ページトップへ

新鮮な野菜も安く手に入ります

ページトップへ

珍しい県外の交流商品も販売してます

ページトップへ

東松島あんてなしょっぷ まちんど

東松島あんてなしょっぷ まちんど

住所:宮城県東松島市矢本字上新沼19-1
電話:0225-83-3391

URL:http://www.machindo-agola.com/
URL:https://www.facebook.com/machindo.agola/
ページトップへ