未来へ進むとうほくリポート

このページをSNSでシェアする

菓子工房おおうらや

お客さまを一番に考え歩み続ける老舗菓子店

菓子工房おおうらや

岩手県大船渡市にある「菓子工房おおうらや」は震災後、住宅街にある空き店舗を借りて営業を再開しています。
同店で主力商品の「アーモンドロック」は大船渡市にある碁石海岸の岩肌をイメージしてつくられたという地元では言わずと知れた大船渡の銘菓です。
3代続く創業62年の老舗菓子店には古くからの常連客はもとより市外のお客さんからも愛されているお店です。

お客さまと仲間に支えられた再建

2011年3月11日の東日本大震災により大船渡湾の目の前にあった工場と自宅兼店舗は流出し、東京での修業時代から25年以上書き続けていたレシピなど全てを失ってしまったそうです。
震災後3か月で再建へと漕ぎつけた大浦さんですが、当初は被災した町を見て「3食たべるのも大変なのにケーキなんて売れないだろう、大船渡を諦めて内陸に行こう」と思っていたそうです。
そんな時、被災した町で会うお客さんに「早く再開してね」と言われたことで「この町にも甘いものも必要なんだ。もう一回頑張ろう」と再建を決意したといいます。
再建を決めたものの、レシピが流されて途方に暮れていた大浦さんに同業者からの助けがあったようです。「仲間からレシピをいただいたり、専門学校時代の仲間から電話で教えてもらったりと、みんな同業者だからこそ大変さを分かってくれたんです。みんなの助けが無かったら再建はできませんでした。人とのつながりが一番大事なんだとつくづく思った」と話す言葉に感謝の気持ちが伝わってきました。
「お客さまから要望が多い商品で営業再開しました。商品数は半分くらいになってしまいましたが、それでも大船渡で仕事ができるだけありがたいと思っています。しかし「あの時のケーキを作ってください」といわれても今はできない。うる覚えで作ってもお客はやっぱり味の違いが分かりますから」と職人として純粋にお菓子を作るのが好きだと語っていた大浦さんだからこその苦悩があるようです。

お菓子作りが大好きという大浦さん

ページトップへ

「あんぱん」でお誕生日会

震災当時、ケーキなど手に入れることができないため、ある保育園のお誕生日会に「あんぱん」をケーキ代わりにしていたそうです。しかし、その「あんぱん」さえも人数分揃えるのが難しいことを知った大浦さんは子供たちのためにも早くバースデーケーキを再開しようと思ったそうです。
「当時はとにかく無我夢中で作りました。なるべくなら断りたくない。せっかく来てくれたのに「できません」とは言いたくなかったんですよ」とバースデーケーキを月に150個ほど作るそうですが時に夜中までケーキを作り続けることもあるそうです。
「バースデーケーキを注文に来てくださるとき、お子さんははしゃぎながら店内に入って来るんです。それを見ると単純に嬉しくなります。毎年ケーキを注文してくれる方とか、○○君はもう小学生か、そんなに大きくなったのかぁ…って。それも嬉しいですね」そういって微笑む大浦さんの笑顔はとてもやさしく暖かでした。
休業中の空き店舗を借りて営業をしている「菓子工房おおうらや」は、震災前の3分の1ほどの広さのため製造機器も入れるスペースもなく生産量が追い付いていないのが現状で、
「何よりも自分が思っているお菓子をいっぱい作れない。取引先にも断っている状態なのでお客さんに申し訳ない」と、もどかしい思いが続いているようです。

空き店舗で営業している「菓子工房おおうらや」

ページトップへ

「おぢゃっこでものんでいがい」そんな安らぎを

今でも各地からの注文が絶えないといいます。「地方の商工会や、大学の生徒さんたちが被災地への復興支援として商品を売りたいといって電話をくれたり、献血の処遇品にアーモンドロックを使いたいという申し出があったり、まだまだ被災地のことを考えてくれている人たちがいっぱいいるのだと思うと、ありがたい気持ちになりますね」と大浦さんは嬉しそうに話してくれました。
2014年春ごろには新店舗のオープンを予定しているそうです。
新店舗では開店記念のお菓子や、新たにイートインスペースを設けようという計画もあり、
「設備を整えて、また前のような商品を作りたい。店舗も広くなるので、一部を使ってみんながゆっくりできる場所を作りたいとも思っています。仮設住宅に移った今も被災者のみなさんは窮屈な思いをしています。疲れきっているみなさんに、「おぢゃっこでものんでいがい(お茶でも飲んで休んでください)」といえるように安らげるスペースを作りたいですね。大変ですけど楽しみです。お客さまに喜んでもらうことを一番に考える。それがこの店の伝統」と新店舗でのスタートに向けての思いを語る大浦さんの姿は人一倍強い地元への愛情とお菓子作りへの熱意を感じました。

大船渡銘菓「アーモンドロック」

ページトップへ

自慢の美味しいケーキがたくさん

ページトップへ

子供たちに人気のバースデーケーキ

ページトップへ

菓子工房おおうらや

菓子工房おおうらや

住所:岩手県大船渡市大船渡町字上山5-25
電話:0192-26-3275
営業時間:9:00 18:30
定休日:水曜日

インタビューの模様はこちら → http://779.jp/sanriku_reports/1820/

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ