未来へ進むとうほくリポート

このページをSNSでシェアする

花巻温泉株式会社

震災復興の拠点として被災地を支える

花巻温泉株式会社

東北自動車道花巻I.Cより県道37号線を西へ向かって6分、「県立自然公園 花巻温泉」という看板が目に入ります。
東北を代表する温泉地として知られる花巻温泉は、それぞれ趣きの異なる3つのホテルを運営し、四季折々の岩手の食材と心あたたまるおもてなしで、みなさまに喜んでいただいております。

拠点としての重要な役割

岩手県の観光拠点の一つとなる花巻温泉。広いロビーには「おまつり広場」があり、連日イベントを開催するなど賑わいを見せています。
そんな「おまつり広場」にも携わっている営業企画部 販売促進課 課長代理 渡辺健さんは震災当時の様子を「今振り返ると、本当にあのときは大変だった」と語りました。
東日本大震災といえば、沿岸を中心に甚大な被害となったことが大々的に報じられましたが、内陸部も少なからず被害をうけたそうです。
沿岸から100キロ近く離れたこの花巻温泉も震災の影響で壁が抜け、レストランのグラスがほとんど割れるなど被害が相次ぎ、隣接する「ホテル紅葉館」は修復不可能といわれるほどの大打撃を受けたとそうです。
震災当時、宿泊していたお客さまの安全と、無事にお帰りいただくことを優先したというホテルのスタッフ。通常ホテルには自家発電が装備されていますが、発電できる期間は2日程度。自家発電が途絶えてしまってからは暗闇のなか、懐中電灯やろうそくで明かりを灯していたといいます。
また、お客さまの安全確保のために一晩中交代で玄関に待機し、不安を少しでも和らげることに努めたそうです。

 災害の状況がわからないまま過ごした3日後、停電していた花巻温泉に電気が復旧しテレビに映し出された沿岸地域の衝撃的な映像を見て「これが現実なのか」渡辺さんとスタッフは涙が止まらなかったそうです。

 花巻市は岩手県で唯一空港がある地域、必然的に災害復旧拠点として沿岸に向けての物資の輸送が始まりました。
花巻温泉も全国から応援に来る警察、復旧工事関係、仮設住宅建設関係者の宿泊を引き受け、沿岸への支援の拠点としての重要な役割を担っていたのです。
被災地として全国からの支援を受けながら、
「我々も宿泊施設として支援できることを社員一丸となって頑張った」と当時を振り返ってくれました。

落ち着いた口調で花巻旅館の魅力を存分に語る渡辺さん

ページトップへ

拠点としての役割から本来の宿へ

花巻温泉は、2011年の7月の終わりから、徐々に一般のお客さまを受け入れることができるようになってきました。
そんな時、山形から来られたお客さまより「頑張ってくださいね」と片目を入れた「だるま」をいただいたことも。
それからというもの、少しでも東北への復興支援になればと花巻温泉に宿泊してくださる方々が秋にかけて増えてきたそうです。
また、花巻温泉を拠点に、沿岸のボランティア活動をしてくれた団体がそれぞれの地元に帰り「岩手の内陸も花巻温泉も大丈夫だったよ」と広めてくれたおかげで、徐々に一般の観光客が来てくれるようになりました。

「あのときほど、全国のお客さまからご支援や励ましの言葉をいただいたことはない。決して忘れるわけにはいかない。そう心に刻みながら新しいお客さまを迎えている。初心忘れるべからず、ではないですけど、社員一人ひとりの心に刻み、お客さまがお泊りになってくださる喜びというのを決して忘れてはいけない」と渡辺さんは力強く話してくれました。

会議から宴会まで広々とした多彩なホールで対応可能です

ページトップへ

花巻温泉の魅力に迫る

ホテル千秋閣、ホテル花巻、ホテル紅葉館と3館並んでいる花巻温泉は大きな会合などにも対応できるのが魅力。
1館500名ずつ3館合わせると1,500名近く一挙にお迎えできる施設は全国的にも数少ない施設の一つといえるでしょう。
さらに花巻空港からは車で12分、東北自動車道からは花巻I.Cより6分、東北新幹線花巻駅から車で20分と交通のアクセスがよいことも魅力の一つ。
 また宿としてのクオリティも高く、四季に応じて岩手の旬の食材を堪能できる料理や3館それぞれに多彩なバイキングプランが楽しめます。3館のそれぞれの湯巡りも楽しめ素敵な香りに包まれてリラックス・リフレッシュできるアロマエステや岩盤浴など、女性にもうれしいサービスや設備が充実しています。
さらに驚くのは宿泊料金。
この内容でありながらお値段はかなりオトク。(ちなみにビジネスプランは7,000円を切るお値段からご用意しているとのこと)お客さまのシチュエーションに合わせてプランが選べるのもまた魅力です。
全国のお客さまに、東北、岩手・花巻の良さ、また三陸の新鮮な海産物を提供し、これからもみなさんに喜んでいただける花巻温泉であり続けたいと語る渡辺さんが印象的でした。

落ち着いた和室とスタイリッシュな洋室はどちらもリラックスできる空間

ページトップへ

四季折々の岩手の幸をふんだんに使用した料理は極上のおもてなし

ページトップへ

どのプランでも3館の湯巡りが楽しめるのは花巻温泉ならではの楽しみ

ページトップへ

花巻温泉株式会社

花巻温泉株式会社

住所:岩手県花巻市湯本第1地割125
電話:0198-37-2111

URL:http://www.hanamakionsen.co.jp/

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ