未来へ進むとうほくリポート

このページをSNSでシェアする

THE BURGER HEARTS

地元・大船渡の食材にこだわる人気バーガーショップ

THE BURGER HEARTS

盛駅から徒歩3分、メインストリートを左へ曲がるとすぐ、赤いネオン看板。
店内はレンガ造りの壁、カウンターには各国のビール瓶がずらりと並び、1950年代の音楽が流れる。
そんな古き良きオールド・アメリカン・テイストな居心地のよい店。
そこが、大船渡で人気のバーガーショップ『THE BURGER HEARTS』です。

子どもの頃からバーガーフリーク

「子供のころからハンバーガーが大好きで、映画のなかのハンバーガーショップにずっと憧れていました」。
「最後の一口が惜しくてたまらなかったんです。いつまでも味わっていたかったんですよ」。
そう語ってくれたのは、店のオーナーの菊池亮(きくちりょう)さん。

THE BURGER HEARTSメニュー表には20種類以上ものメニューが並んでいます。
菊池さんにおすすめのバーガーを尋ねてみました。
「おすすめは・・・むずかしいですね。メニューすべてに自分の子どものように愛情を注いでいるので、これと決めることはできない」。
「すべてが、”んめぇ。”と思ってもらえるように、魂込めて作っていますから」。
すべての商品に自信があるからこそいえる言葉には、熱いハンバーガーへの思いを感じたのでした。

オーナーの菊池亮さん

ページトップへ

こだわりが生み出すオリジナリティー

地元・大船渡が好きで、食材は地元産にこだわる菊池さん。
使用している貝類・肉類はすべて地元の食材を使用し、バンズも自家製というこだわりようで、メニューを見ているだけで、その美味しさが伝わってきます。
変わったところでは、地元の有名な丸橋豆腐店とのコラボの豆腐バーガー。
これが、なかなか優しく楽しい味なのです。
ベーシックな味の部分を押さえたバーガーと、オリジナリティーあふれるバーガーたちの、この豊富なメニューと味がお客の心をつかんで離さないのでしょう。
それでも、メニューを増やそうとは、考えていないそうです。
それよりも、「いまのメニューをもっともっと進化させていきたいんです」と菊池さんは熱く笑顔で語ってくれました。

存在感のあるアメリカンな外観

ページトップへ

人気商品は見た目のインパクトも抜群

今回、数種類のバーガーを注文して食べてみたのですが、なんといっても印象的だったのは、人気商品でもある『恋し浜バーガー』。
注文すること10分、出てきたのはどこから食べようかと迷ってしまうほどのボリューム。
ホワイトソースのコロッケのなかに大粒のホタテがまるごと入っています。
そして自家製のタルタルソース。
ホタテは、地元、小石浜産。
三陸でていねいに育てられた肉厚のホタテならではの歯ごたえと独特の甘さがたまりません。
THE BURGER HEARTSに来たら、一度は注文してほしい逸品です。

カウンターまわりも雰囲気満点

ページトップへ

ホタテが生み出す復興のサイクル

恋し浜バーガーで使われるホタテは、大船渡の綾里地区にある小石浜で育てられたホタテです。震災前から「恋し浜ホタテ」としてブランド化され、人気がありました。
また、この地区には三陸鉄道南リアス線の「恋し浜駅」があり、恋愛パワースポットとして観光客も多く訪れており、ホタテの貝殻を利用したホタテ絵馬に多くの人が願いを書き込んでいたそうです。
しかし震災で、高台にあった駅は流失こそ免れましたが、路盤流失などにより不通となり、駅に列車が来なくなったのです。
そんなときでも、復興再開を願う人たちによってたくさんのホタテ絵馬が奉納されたそうで、震災から2年後の2013年に恋し浜駅は営業を再開しました。

THE BURGER HEARTSの使う、恋し浜ホタテの貝殻も、このホタテ絵馬になります。
身の部分を使った後の貝殻は、三陸鉄道の職員の方が、THE BURGER HEARTSに回収に来ます。
取材していたときも、ちょうど、三陸鉄道の方が回収にいらっしゃっていて、「そうか、こんなサイクルがバックヤードでは行われているんだ」と気づかされました。
恋し浜で育てられたホタテが、ご当地バーガーになり、食材では不要になる貝殻を、絵馬として再利用する。
そんなサイクルと同じように、「うちのバーガーを食べた人が、恋し浜に行ってみたくなって、観光に行ってもらえれば、それはうれしい連鎖になる」と菊池さんは笑顔で答えてくれました。

恋し浜バーガー製作中

ページトップへ

うちのハンバーガーは食事なんです

ランチはプラス400円でドリンク、サラダとポテトが付いたプレートにすることもできます。
「お手軽に」ではなく「食事」として食べていただきたいとのこと。
もう、ファーストフードなどとは呼べない味とボリュームに圧倒されることでしょう。

アメリカンな雰囲気のなかで、ボリュームたっぷりのハンバーガーにかぶりつくひととき。
至福ってこういうことをいうのだなと、きっと納得していただけると思います。
この店に行くためだけに大船渡に行く価値があります。
ぜひ一度寄ってみてください。

これが恋し浜バーガーなのだ!

ページトップへ

THE BURGER HEARTS

THE BURGER HEARTS

住所:岩手県大船渡市盛町字町9-5
電話番号:090-2953-0997
営業時間:11:00〜21:00 ラストオーダー:20:30 ランチ営業 日曜営業
定休日:第一、第三月曜日

インタビューの模様はこちら → http://779.jp/sanriku_reports/1562/

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ