未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

すべてのリポート(147件)

大槌町の財産・鮭を全国へ!4人で立ち上げる新ブランド

ど真ん中・おおつち協同組合

震災後の平成24年4月、水産加工会社である芳賀鮮魚店、浦田商店、小豆嶋漁業、ナカショクの4社が合同で立ち上げた組合です。カタログによる通信販売のほか、直売所の運...

詳しくはこちら

大槌町の財産・鮭を全国へ!4人で立ち上げる新ブランド

陸前高田の資源に付加価値をのせた新ブランド!

株式会社バンザイ・ファクトリー

社長の髙橋和良さんは、ベンチャーで立ち上げた医療系IT会社を大手企業にM&Aした後、バンザイ・ファクトリーの前身となるIT木工の会社を設立しました。震災後、工場のあ...

詳しくはこちら

陸前高田の資源に付加価値をのせた新ブランド!

後世に残したい、奇をてらわない酒造り

榮川酒造株式会社

明治2年創業。日本でわずか数蔵しかない、仕込み水に日本名水百選を使っている酒蔵です。自然に育まれた水と、杜氏の手仕事を大切にした酒造りを続けています。そのこだ...

詳しくはこちら

後世に残したい、奇をてらわない酒造り

ボランティアの証が“咲く”! 新名所・花見山ができるまで

一般社団法人南三陸研修センター

東日本大震災で学んだことを次の社会を担う若い世代に伝えるため、「未来を創る人を育む」をビジョンに、地域振興プロジェクトや学生・新入社員の研修事業に取り組んで...

詳しくはこちら

ボランティアの証が“咲く”!  新名所・花見山ができるまで

菌にエサをあげてエネルギーをつくり出す町

アミタ株式会社 南三陸事務所

震災の翌年、アミタはそれまでボランティアで通っていた南三陸町に、新たな事務所を構えました。それから4年の歳月をかけて、地域住民の方々と信頼関係を築き、現在は廃...

詳しくはこちら

菌にエサをあげてエネルギーをつくり出す町

古代米を宮城のブランド米に。 穀菜美食で宮城から健康発信。

古代米屋レストラン グリーンゲイブル

JR東北本線の「国府多賀城」駅に隣接した「東北歴史博物館」。その1階に、菅原つえ子さんが経営する橡企画の「古代米屋レストラン グリーンゲイブル」があります。橡企...

詳しくはこちら

古代米を宮城のブランド米に。 穀菜美食で宮城から健康発信。

宮城発!伝え続けたい昔ながらの浅漬け

北海食品工業有限会社

野菜本来のおいしさを塩と重石だけで引き出す昔ながらの漬け方にこだわり、浅漬け作りを続ける北海食品工業。漬け物作りにおいても、近代化とともに、合成保存料や合成...

詳しくはこちら

宮城発!伝え続けたい昔ながらの浅漬け

無数の思い出が刻まれた奇跡のケータイ

入谷公民館長兼志津川・戸倉公民館長 佐々木 仁一

佐々木仁一さんは3地区の公民館の館長を兼務する多忙な日々を送っていますが、現在まで南三陸町職員として35年間勤務のうち約25年間生涯学習関係事業に携わってきた...

詳しくはこちら

無数の思い出が刻まれた奇跡のケータイ

飲んだ人が夢を抱ける『いわき夢ワイン』vol.2

認定NPO法人みどりの杜福祉会

ハンディキャップのある人々が自立して暮らせるように就労支援を行う、福島県初の認定NPO法人。地元のオリジナルワイン『いわき夢ワイン』のブドウ栽培から加工までを行...

詳しくはこちら

飲んだ人が夢を抱ける『いわき夢ワイン』vol.2

飲んだ人が夢を抱ける『いわき夢ワイン』vol.1

認定NPO法人みどりの杜福祉会

ハンディキャップのある人々が自立して暮らせるように就労支援を行う、福島県初の認定NPO法人。地元のオリジナルワイン『いわき夢ワイン』のブドウ栽培から加工までを行...

詳しくはこちら

飲んだ人が夢を抱ける『いわき夢ワイン』vol.1

福島県 相双の文化と元気をたくさんの人に感じて欲しい!

サムライフェス実行委員会

南相馬には、雲雀ヶ原祭場地という広大な草原の競馬場があります。毎年一度7月の下旬に、ここで「野馬追」という馬を使った「甲冑競馬」や「神旗争奪戦」が行われます。...

詳しくはこちら

福島県 相双の文化と元気をたくさんの人に感じて欲しい!

景勝地松島を盛り上げる蒲鉾づくりを

株式会社 松島蒲鉾本舗

芭蕉がかの有名な句を詠んだ景勝地、松島湾に面する松島蒲鉾本舗は、「松かま」の呼び名で親しまれる蒲鉾製造販売会社です。創業以来、素材と味、食感にこだわった「笹...

詳しくはこちら

景勝地松島を盛り上げる蒲鉾づくりを
ページトップへ