未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

すべてのリポート(153件)

使う人が木を通して自然の楽しさ感じられる器づくり

有限会社 遠藤正商店

会津塗の職人工房から始まり、塗り物の修復と販売をしながら、全国各地域へ行商を続けていた事が、製造販売への第一歩となりました。 現在では伝統ある会津漆器を、現...

詳しくはこちら

使う人が木を通して自然の楽しさ感じられる器づくり

不登校の子どもたちに、安心して過ごせる居場所を!

NPO法人 アスイク

震災直後から、避難所や仮設住宅で子どもたちの学習支援を行ってきたNPO法人アスイク。現在は不登校の子どもたちを支援するフリースクールをはじめ、さまざまな教育に関...

詳しくはこちら

不登校の子どもたちに、安心して過ごせる居場所を!

スポーツを通じて地域の子どもたちを育むコミュニティを!

NPO法人 ツークンフト ロカール

「スポーツの力で地域を元気に」というコンセプトのもと、福島県いわき市を拠点にドイツサッカー協会スタッフにより組織された「Auf Ballhöhe」の支援を受けて活動して...

詳しくはこちら

スポーツを通じて地域の子どもたちを育むコミュニティを!

かまぼこに託す、感謝と未来への想い

株式会社 佐々直

大正5年創業、今年100周年を迎える仙台市のかまぼこ屋です。看板商品の「手のひら蒲鉾」は笹かまぼこのルーツともいわれています。震災で生産拠点にしていた工場を失う...

詳しくはこちら

かまぼこに託す、感謝と未来への想い

『会津のよさは酒の良さ』、会津ブランドを国内外問わず身近な酒へ

花春酒造株式会社

戦国時代、塩松地方(現在の二本松市の一部)の大内氏を原点とし、会津に残った定綱の子孫が創業者:宮森久右衛門です。2018年に創業300年を迎える伝統ある酒蔵です。 ...

詳しくはこちら

『会津のよさは酒の良さ』、会津ブランドを国内外問わず身近な酒へ

亘理町に新風を吹き込む手仕事ブランド

WATALIS(ワタリス)

亘理町の「WATARI」と“お守り”を意味する「TALISMAN(タリスマン)」が由来。手仕事によるものづくりを通して、亘理町に古くから伝わる文化・風習を新しい形で発信して...

詳しくはこちら

亘理町に新風を吹き込む手仕事ブランド

大槌町の財産・鮭を全国へ!4人で立ち上げる新ブランド

ど真ん中・おおつち協同組合

震災後の平成24年4月、水産加工会社である芳賀鮮魚店、浦田商店、小豆嶋漁業、ナカショクの4社が合同で立ち上げた組合です。カタログによる通信販売のほか、直売所の運...

詳しくはこちら

大槌町の財産・鮭を全国へ!4人で立ち上げる新ブランド

陸前高田の資源に付加価値をのせた新ブランド!

株式会社バンザイ・ファクトリー

社長の髙橋和良さんは、ベンチャーで立ち上げた医療系IT会社を大手企業にM&Aした後、バンザイ・ファクトリーの前身となるIT木工の会社を設立しました。震災後、工場のあ...

詳しくはこちら

陸前高田の資源に付加価値をのせた新ブランド!

後世に残したい、奇をてらわない酒造り

榮川酒造株式会社

明治2年創業。日本でわずか数蔵しかない、仕込み水に日本名水百選を使っている酒蔵です。自然に育まれた水と、杜氏の手仕事を大切にした酒造りを続けています。そのこだ...

詳しくはこちら

後世に残したい、奇をてらわない酒造り

ボランティアの証が“咲く”! 新名所・花見山ができるまで

一般社団法人南三陸研修センター

東日本大震災で学んだことを次の社会を担う若い世代に伝えるため、「未来を創る人を育む」をビジョンに、地域振興プロジェクトや学生・新入社員の研修事業に取り組んで...

詳しくはこちら

ボランティアの証が“咲く”!  新名所・花見山ができるまで

菌にエサをあげてエネルギーをつくり出す町

アミタ株式会社 南三陸事務所

震災の翌年、アミタはそれまでボランティアで通っていた南三陸町に、新たな事務所を構えました。それから4年の歳月をかけて、地域住民の方々と信頼関係を築き、現在は廃...

詳しくはこちら

菌にエサをあげてエネルギーをつくり出す町

古代米を宮城のブランド米に。 穀菜美食で宮城から健康発信。

古代米屋レストラン グリーンゲイブル

JR東北本線の「国府多賀城」駅に隣接した「東北歴史博物館」。その1階に、菅原つえ子さんが経営する橡企画の「古代米屋レストラン グリーンゲイブル」があります。橡企...

詳しくはこちら

古代米を宮城のブランド米に。 穀菜美食で宮城から健康発信。
ページトップへ