未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

すべてのリポート(150件)

忘れないをカタチに・・・被災地に希望の光を灯し続けよう

ともしびプロジェクト

毎月11日にキャンドルに明かりを灯し、それぞれの場所からFacebookページに投稿する・・・ともしびプロジェクトとは、被災地への思いをそれぞれの場所でキャンドルに...

詳しくはこちら

忘れないをカタチに・・・被災地に希望の光を灯し続けよう

気仙沼を担う子供たちのために夢と希望の溢れる光のイベントを

気仙沼イルミネーション ONE-LINE実行委員会

地元の同級生3人で、気仙沼の復興と新生の象徴となり、まちに人が集まるイベントをつくりたいという強い想いではじめた、今年三回目を迎える気仙沼イルミネーションONE...

詳しくはこちら

気仙沼を担う子供たちのために夢と希望の溢れる光のイベントを

400年の歴史からの教訓

宮城県慶長使節船ミュージアム(愛称:サン・ファン館)

宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)は、今から約400年前、石巻市月浦(つきのうら)から出帆した、日本ではじめて太平洋を往復したガレオン船「サン・...

詳しくはこちら

400年の歴史からの教訓

「フェイジョア」を日本で育てたいという夢を叶えるために

楽・農・人 ゆうゆうファーム

日本初のフェイジョア農家をいわき市小川町に立ち上げ、家族で真心をこめてできうる限りの無農薬栽培に取り組んでいます。

詳しくはこちら

「フェイジョア」を日本で育てたいという夢を叶えるために

「スポーツの力でこどもたちを笑顔に!」(立花社長セミナーレポート)

屋内スポーツ施設建設募金団体

ふくしまのこどもたちが、安心!のびのび!遊べる屋内ドームをみんなの募金で作ることを目指した団体です。同施設(愛称「相馬こどもドーム」(面積:約30m×約40m))は、福...

詳しくはこちら

「スポーツの力でこどもたちを笑顔に!」(立花社長セミナーレポート)

全国に届け!「気仙沼」の味

株式会社足利本店

昭和28年創業の株式会社足利本店は、気仙沼や塩釜、大船渡、八戸などから仕入れた海産物を扱っています。震災では製氷工場以外の本社、冷凍庫、保管庫などがすべて流...

詳しくはこちら

全国に届け!「気仙沼」の味

オール気仙沼の力で、サメまち気仙沼を盛り上げたい!

サメの街気仙沼構想推進協議会

フカヒレが有名な気仙沼のサメは、昔から練り製品(かまぼこ、はんぺん)などで食べられ、サメ革製品やサプリの栄養源としても活用されています。「サメの街気仙沼構想...

詳しくはこちら

オール気仙沼の力で、サメまち気仙沼を盛り上げたい!

ブルーツーリズム 新しい漁業のカタチ

南三陸ブルーツーリズム 金比羅丸

高橋直哉さんは、20歳から父親と南三陸町歌津地区泊浜でホタテやカキ、ワカメの養殖を営んできました。筆者が高橋さんと初めて会ったのは今年7月に開催された東京でのイ...

詳しくはこちら

ブルーツーリズム 新しい漁業のカタチ

食発見は、町おこし

東松島食べる通信

生産者にクローズアップし、情報誌とともに食べものをセットで届ける「東松島食べる通信」。 以前に当サイトでも紹介した「東松島あんてなしょっぷ まちんど」の番頭で...

詳しくはこちら

食発見は、町おこし

大漁の時もあれば不漁もある、それが漁師の醍醐味

網元 祐神丸

宮城県の東松島市で親子で定置網漁を営む大友康広さん。三代続く漁師の家系で、定置網漁にこだわってきました。震災前のこの界隈でのいわし漁は大友さん親子が所有する...

詳しくはこちら

大漁の時もあれば不漁もある、それが漁師の醍醐味

スポーツでできる復興支援のかたち

NTTドコモレッドハリケーンズ

NTTドコモレッドハリケーンズはジャパンラグビートップリーグに所属するラグビーチームで、大阪をホームグラウンドとして活躍中です。 社会貢献活動にも力を入れており...

詳しくはこちら

スポーツでできる復興支援のかたち

地域の素材を活かしながら、食の復興へ

志のや(南三陸町さんさん商店街)

南三陸町ある志のやは、志津川にあった料亭で、震災後にさんさん商店街でお店を再開。 南三陸の海の幸など地元の素材を活かした料理が味わえます。

詳しくはこちら

地域の素材を活かしながら、食の復興へ
ページトップへ