未来へ進むとうほくリポート

復興の架け橋となるべく、岩手県、宮城県、福島県のみなさまにスポットを当てて、復興に向けて取り組む様子をリポートします。

すべてのリポート(145件)

地道にコツコツ、東松島の食材を活かしたお菓子作り

パティスリー ジュリアン

1996年に創業した「ジュリアン」は東松島市の中心街に位置する町のお菓子屋さん。高校卒業後に製菓業界へ入り、菓子作りにのめり込んだ店主の鈴木浩司さんは、隣の...

詳しくはこちら

地道にコツコツ、東松島の食材を活かしたお菓子作り

銘酒「浜娘」復活にかけた想い

赤武酒造株式会社

株式会社赤武酒造は明治29年創業の老舗蔵元。以前は大槌町に蔵を構えていましたが東日本大震災の被害で蔵はすべて流出。現在は盛岡市にて赤武酒造の代名詞ともいえる「...

詳しくはこちら

銘酒「浜娘」復活にかけた想い

復活した釜石のソウルフード、煮込みホルモン

釜石ホルモン新来軒

「釜石ホルモン新来軒」は、店主・岡本誠さんの父が60年ほど前に創業。岡本さんがお姉さんとともに引き継いでからは、煮込みホルモンと中華料理のお店として、地元・...

詳しくはこちら

復活した釜石のソウルフード、煮込みホルモン

被災地のものを口にすることが長く続けられる支援

株式会社 南部美人

明治35年創業の「株式会社南部美人」。 五代目蔵元久慈浩介氏と松森杜氏の両名は、岩手県が認定する「青年卓越技能者表彰」を受けており高い技術力を評価されています...

詳しくはこちら

被災地のものを口にすることが長く続けられる支援

地元蔵人が刻む地産池消の歴史

太平桜酒造合資会社

創業は1725年の「太平桜酒造合資会社」は代表である大平(おおひら)さんで9代目となる老舗の酒蔵。 敷地のなかに桜の老木があり、先人がその風景から「太平の桜を愛で...

詳しくはこちら

地元蔵人が刻む地産池消の歴史

3つの市町村の絆で誕生したアンテナショップ

株式会社 道奥(みちのく)

2012年5月に岩手県花巻市にオープンしたアンテナショップ結海(ゆうみ)は、東日本大震災をきっかけに、金婚漬けで有名な「株式会社 道奥(みちのく)」の協力を得て誕...

詳しくはこちら

3つの市町村の絆で誕生したアンテナショップ

観光農園としていわきを盛り上げる

有限会社 とまとランドいわき

有限会社とまとランドいわきでは生食用トマトを中心に生食用いちじく、パプリカ、ブルーベリー、いちごを生産・加工・販売をおこなっています。 温室で栽培されたトマ...

詳しくはこちら

観光農園としていわきを盛り上げる

震災復興の拠点として被災地を支える

花巻温泉株式会社

東北自動車道花巻I.Cより県道37号線を西へ向かって6分、「県立自然公園 花巻温泉」という看板が目に入ります。 東北を代表する温泉地として知られる花巻温泉は、それ...

詳しくはこちら

震災復興の拠点として被災地を支える

観光地としての復活を目指して

いわき・ら・ら・ミュウ

いわき・ら・ら・ミュウは常磐自動車道いわき湯本I.Cから約20分。430台の駐車場スペースがあります。 館内にはレストラン、おさかなゾーン、飲食ゾーン、物販ゾーンの4...

詳しくはこちら

観光地としての復活を目指して

人々の想いが切り開いた再建への道

株式会社 斉吉商店

宮城県気仙沼市にある、株式会社斉吉商店は昭和6年に食料品小売業「斉吉商店」として創業。 地場産の海産物を現地で加工することにこだわった商品の数々は全国から高い...

詳しくはこちら

人々の想いが切り開いた再建への道

待ってくれているお客さまのために

株式会社 八葉水産

宮城県気仙沼市にある「株式会社 八葉水産」は「いかの塩辛」をはじめイカ、サバなどの魚介類加工品やメカブ、コンブ、モズクといった海藻加工品を生産している三陸を...

詳しくはこちら

待ってくれているお客さまのために

いわき発掘石炭と化石の世界

いわき市石炭・化石館ほるる

JR湯本駅から徒歩10分、いわき市石炭・化石館ほるるは、常磐炭田の採掘の歴史と、市内で発掘された化石の資料を展示しています。 地下にある模擬坑道を探索しながら炭...

詳しくはこちら

いわき発掘石炭と化石の世界
ページトップへ