参加して応援

「寄附して応援プログラム」第5期 NPO等団体の募集について

日時
2016年9月6日(火)~2016年9月25日(日)

東日本大震災の被災地ではニーズが多様化する中、NPO等非営利団体(以下「団体」)が復興支援や被災者支援において大きな役割を果たしています。
NTTドコモでは、寄附型クラウドファンディングサイト「Japan Giving」と連携し、広く寄附を募るノウハウの習得や環境整備のサポートを行い、円滑な団体活動の定着を目指すとともに、中長期的な被災地の復興や地域課題解決の促進を図ることを目的に、本プログラムを展開します。
2014年4月1日より第1期プログラムを開始し、今回、第5期プログラムに参加の団体を募集いたします。

  • 「寄附して応援プログラム」第5期 NPO等団体の募集について

PDFダウンロード

募集概要・申請書・応募受付期間等
「募集要項」「申請書」をダウンロードいただき、詳細をご確認下さい。

▼ファイルダウンロード▼
「ファイルダウンロード」をクリックすると、「募集要項」「申請書」がダウンロードされます。
※「募集要項」「申請書」は同一ファイルになっています。

【応募受付期間(申請書提出期間)】
2016年9月6日(火)~2016年9月25日(日)

【応募方法】
「申請書」に必要事項をご記入のうえ、NTTドコモ東北復興新生支援室宛てにメール(tohoku-program-ml@nttdocomo.com)で送付ください。(9月25日(日)まで)
    ※原本(代表者の捺印あり)を後日郵送願います。(10月21日(金)必着)
    ※ご応募いただきました申請書などの応募書類は返却できませんのでご了承願います。
プログラム参加要件
下記(1)~(7)の要件をすべて満たす団体に限ります。
(1) 東日本大震災の被災地(岩手県、宮城県、福島県等)に活動拠点を有し、被災者支援および被災地復興支援活動を行っている
非営利団体で法人格を有していること
 ※中間支援組織は対象外
(2)ドコモが主催するJapan Givingによる寄附調達ノウハウセミナーに参加すること
  ※2016年11月上旬頃、宮城県仙台市での実施を予定
(3)Web上で財務情報(収支報告等)を公開していること
(4)Web上で活動の実態を開示出来ていること(または活動の実態を開示できること)
(5)団体として独立した銀行口座をもっていること
(6)宗教活動及び政治活動を目的としていないこと
(7)暴力団等の反社会勢力とは一切関わっていないこと
選考方法・スケジュール
【選考方法】
書類審査(一次審査)、プレゼンテーション審査(二次審査)により決定します。
※プレゼンテーション審査(二次審査)はNTTドコモ東北支社(宮城県仙台市)での実施を予定しています。

【選考スケジュール】
2016年9月25日(日) :応募締切
9月30日(金): 書類審査(一次審査)結果発表
10月19日(水): プレゼンテーション審査(二次審査)実施
10月28日(金): 選考結果通知
11月中旬:寄附調達ノウハウセミナーの開催
12月1日(木)~:寄附募集開始
※予定している日程は変更される場合があります。変更した場合は、別途ご案内いたします。
ドコモの実施(サポート)内容
(1) 目標達成型によるドコモからの寄附(※1)
(2) Japan Givingの寄附キャンペーン(12月)と連動したプロモーション(※2)
(3) ドコモが主催するJapan Givingによる寄附調達ノウハウセミナーの開催
(4) NPO等団体の活動の認知拡大を図るプロモーション支援
    ・笑顔の架け橋Rainbowプロジェクトサイト等を通じた情報発信
    ・ドコモ社員に向けた活動PRセミナー開催等(※3)
(5) NPO等団体の活動サポート(※4)
    ・タブレット貸与
    ・ドコモ社内における団体の課題解決アイデアソンの開催等

※1:寄附募集終了時点(2017年3月15日)で、寄附の目標額を達成した団体については、
  目標額と同額をドコモから寄附します。(上限50万円、下限10万円)
※2: Japan Givingの利用手数料が通常15%のところ5%に減額となります(12月のみ)。
※3: 団体の希望により実施します。
※4: 団体の希望により実施します。
お問い合わせ先・各種書類提出先
株式会社NTTドコモ
東北復興新生支援室
〒107-0052 東京都港区赤坂2-4-5 国際赤坂ビル11階
TEL:03-5156-3367 
E-mail:tohoku-program-ml@nttdocomo.com
担当:中舘、坂井
ページトップへ