参加して応援

【毎日メディアカフェ】震災・原発事故を乗り越える~福島県沿岸部の教師と子どもたちの8年~

日時
2019年5月15日(水)~2019年5月15日(水)
場所
毎日メディアカフェ(東京竹橋)

東日本大震災から8年が過ぎました。福島県沿岸部は津波と東京電力福島原子力発電所事故により、大きな被害を受け、南相馬市や双葉郡の各町村では、多くの住民が避難を強いられました。仮設住宅で生活し、仮設の学校に通う子どもたち。苦難や心の傷を抱えた子どもたちに教師たちはどう向き合ったのでしょうか。

福島県楢葉町立楢葉中学校校長(2019年3月31日退職)の荒木幸子さんは、震災後から南相馬市立小高中学校・双葉町立双葉中学校と楢葉町立楢葉中学校の学校再開に取り組んできました。17年4月に、いわき市の仮設校舎から楢葉町に戻り授業を再開した楢葉中学校では、校長として、19年3月、17人の卒業生を送り出しました。

このセミナーでは、荒木さんが見た子どもたちの姿、荒木さんや教職員が取り組んできたことを話します。被災地の教育現場の現状を当事者から聞くことのできる貴重な機会です。

  • 【毎日メディアカフェ】震災・原発事故を乗り越える~福島県沿岸部の教師と子どもたちの8年~

日時
2019年5月15日(水)18時30分~20時
※参加無料
場所
毎日メディアカフェ(毎日新聞東京本社)
セミナー詳細・予約申し込み
毎日メディアカフェホームページからご確認をお願いします。 
https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2019&mm=5#l5740
ページトップへ