DESIGN
スペシャルグッズができるまで
南三陸の杉でできること

その土地だから、すくすくと、また、力強い生命力をもつ。その土地で収穫されるものには、その土地の生命力がふんだんに宿っています。南三陸は困難を乗り越えた力がよりみなぎっている。がんばろうと土地に、海に生きる全てのいきものたちが、思っていると感じます。人々の情熱のようにです。そんな杉でものの形、用途をつくり、生活の中に使う。それは人にしかできないことだと思います。

ナガオカケンメイ開発への思い

大切な南三陸の思い、願いで育った杉材を使ってなにをつくりだすか。しかし、最初から決めていました。それは、思い出のように飾り置くものではなく、日々、私たちの生活の中で使うもの。様々な生活の営みの中で、それを支えるように見守るように、生活の中に入り込める日用品です。なので特別なものではないので、もしかしたらがっかりされるかもしれません。でも、いま、いろんな経験を経て、つくりだすべきは、毎日の生活に寄り添うものだと、考えました。それを見るたびに南三陸を思い出したり、生活の中に溶け込みすぎて、意識することがなかったりと、思い出にし過ぎない、でも、いつも近くにある、そんなものが必要だと思いました。

「ロングライフデザイン」について

長く使い続けるということは、デザインだけがすばらしくてもそうなりません。時代が大きく変化して、人々の価値観が揺らぐように変わろうとしても、どっしりと未来を見守るようなロングライフデザインは、やはり、ひとの手から生まれます。私たちには変化と普遍の両方が必要です。新しいことばかりではやはり、成長のための蓄積がなされない。そのためには、変化を見守るような変わらないものが基礎に必要です。町や国、家庭にもそれは言えます。時代の最新型にワクワクすることも大切ですが、この機会に、いつの時代にも変わらないものも、とても大事だということを、考えてみて下さい。変わりゆく町の発展にワクワクしながら、ずっと子供の頃からある神社や大木に安らぎを感じるように。 d&departmentのロングライフデザイン

Smart Action for 2017 南三陸を感じる すぎサンダル
南三陸杉のサンダル、誕生!

ーなぜ、サンダルに? 実は居酒屋のゲタがきっかけなんですよ(笑) ベタベタしたゲタって嫌じゃないですか。 それは冗談だとしても、そうやって日常に寄り添うものが良いなと思って考案しました。何気なく履いて、ふと、南三陸の杉だったことを思い出す。そんな日々にフィットするプロダクトが良いなと。
ナガオカケンメイ

サンダルに込めた想い

ーこだわりのポイントとは? このサンダルをつくるための作業工具である「治具」づくりに一番時間をかけてこだわりました。きちんとこのサンダルのなめらかな形に削れるよう、杉の固定の仕方から、試行錯誤しましたね。治具を使い、機械で切り出した後は手作業で磨きます。南三陸杉は柔らかいので、普通の木よりでこぼこしやすいんです。削っては磨いてを何度も繰り返しながら、ていねいに仕上げていきました。
職人さん

ー素材の板はこだわりの製材所で丁寧に整え、乾燥して、
杉一本から約10個のサンダルができるとのこと。
そんな貴重なサンダルはどうやって履いてもらいたいですか?
手間暇をしっかりとかけて、木の質感を残しながらも履きやすく、ぬくもりを感じるサンダルに仕上がりました。触れた時に角がないするんとした質感を味わってもらうために、ぜひ素足で履いてもらいたいです。南三陸杉とこだわりの技術で、やわらかさとあったかさを感じてもらえたら良いなと思います。
製造現場責任者
こだわりの素材をもっと詳しく

Smart Action for 2017 南三陸を感じる すぎサンダル

森林保全クレジット付きグッズ

NTTドコモでは、東日本大震災の被災地への復興支援活動と森林保全活動の一環として岩手県や宮城県の木材を使用したスマートフォングッズを販売しています。天然木ならではの木の風合いや優しい手触りをお楽しみください。

  • スマホスタンド
  • iPhone6/6s
    ウッドケース