ドコモとアミタグループ、宮城県南三陸町の人たちと一緒になって2012年から取り組んでいる「未来の種プロジェクト」。

私たちはプロジェクトを通じ、昔からの知恵と新たな技術で農作物を育てたり、間伐を通した森林保全の取り組みなど、 南三陸町の豊かな自然と資源、地域の人の優しさ、温もりをともに育みあい、農山漁村と都市の人々が“共感”でつながり支えあうコミュニティを 形成していくことを目標に活動をしています。

「自然と共に生きるくらしや文化」を発信

森・里・海がコンパクトにある南三陸町の強みを活かし、その恵みから新たな価値を創造することで被災地である南三陸町を元気に、そして持続可能な地域と産業を未来に向けた町全体のブランディングを実現し復興・新生をかたちにするために、新しい仕組みづくりに取り組んでいます。

「森林保全クレジット付」グッズ
木の風合いや手触り、木のぬくもりをお楽しみいただけます。

東日本大震災の被災地への復興支援活動と森林保全活動の一環として宮城県南三陸町の木材を使用したスマートフォンアクセサリを販売しています。 宮城県南三陸町でセットおよびパッケージを行っています。天然木ならではの優しい手触りを お楽しみください。このグッズのご購入金額の一部は、南三陸町の復興支援・森林保全に役立てられます。

南三陸町の人々にとって、森林は昔から身近にありました。

無農薬・無肥料のササニシキ栽培をICTを活用し支援しています。水田センサーで田んぼの水位など栽培環境を見える化し、収穫量と品質の安定化につなげています。 詳しくはこちら

ページトップへ