買って応援

このページをSNSでシェアする

ばっぱの台所と、金のさんま

ばっぱの台所と、金のさんま

宮城県気仙沼市にある斉吉商店は地元の海産物を自分たちの手で加工し、お客さまに直接販売することにこだわりを持っています。
気仙沼の郷土料理であるさんまの佃煮を全国に通用する商品として昇華させた「金のさんま」や、「海鮮丼」、「さんま笹寿司」など数々のヒット商品を生み出しています。

ご購入はこちらから

プロジェクトリポート

おすすめレポート

「金のさんま」のタレはごはんにピッタリ!大切にタレをも守ってきた理由がよくわかります♪

おすすめする人

チームレインボー
中舘 牧子

中舘 牧子

プライドを持って世界に出したい「金のさんま」

斉吉商店の看板商品である「金のさんま」は気仙沼郷土料理のさんまを甘辛く炊いた佃煮がベースとなっていますが、この「金のさんま」には大きな特徴があります。
通常のさんまの佃煮は大きな鍋にゴロゴロとたくさん入れて煮込むため、完成後に表面の皮がところどころ剥がれてしまいます。
 その点、斉吉商店の「金のさんま」は小さめの鍋で皮が剥がれないようにていねいに炊いています。
また創業から継ぎ足してきた「返しダレ」で煮込んださんまの皮は金色に輝き、この皮の輝きが「金のさんま」の名前の由来となっています。
 温かいごはんの上に乗せて、甘辛いタレがしみ込んだごはんごと一緒に食べるのがオススメですが、ほぐしてお茶漬けにしたり、パスタに入れるのもよいそうです。
また、玉ねぎや大根の千切りに乗せるとドレッシングを使わない美味しいサラダになります。
自分だけのレシピをいろいろ探してみるのも楽しくなる逸品です。
 斉吉商店が「世界に発信しても恥ずかしくない日本料理としての技術をこれで語りたい」というほどに情熱を注ぎこんだ「金のさんま」。
そこには家庭で作る郷土料理の域を越えた「プロの仕事」が盛り込まれています。こちらの商品は斉吉商店の通販サイトでも購入できますので、ぜひご賞味ください。

金のさんま 6切入         810円(税込)
たっぷり生姜金のさんま 120g 540円(税込)
小さくて辛い金のさんま 120g 540円(税込)

*価格は斉吉商店ホームページでご確認ください。

温かいごはんの上に乗せて食べるのが地元流

ページトップへ

ばっぱがつくる郷土料理のおかず便

斉吉商店の2階にあるばっぱの台所。ばっぱとはこの地方の言葉でおばあさんのこと。
ここでは主に人が集まってご飯を食べたり、料理を教え合ったりしていますが、ランチ営業もおこなっていて前日の17時までに予約を入れることでご利用いただけます。
メニューはばっぱにおまかせで選ぶことはできませんが、大きなお皿に盛られた郷土料理をみんなで取り分けて食べるスタイルは古き良き時代の日本の家庭の雰囲気を存分に楽しめます。
 また、ばっぱの家庭料理は通販にも対応していて、旬の食材を使った料理を1人前のパックから注文することも可能。
ばっぱのおかず便は月替わりでメニューが変わりますが、さんまやかつお、わかめといった気仙沼ならではの食材が使われることが多いようです。
田舎のばっぱが作る情緒あふれる郷土料理を食べて、歴史ある港町、気仙沼へ思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

ばっぱの台所 ランチ営業
海鮮丼、お味噌汁、郷土料理など
ご利用時間 12時~14時 (前日までの予約制)
ご利用料金 おひとりさま 1.800円(税込、飲みもの代別)

ばっぱのおかず便
ネット店と本店のみの販売  
一人前パックからの販売
内容は月ごとに変わるため斉吉商店通販サイト、もしくはお電話にてご確認ください

*価格は斉吉商店ホームページでご確認ください。

気仙沼では秋刀魚と並ぶ水揚げ量を誇るカツオを使った商品

ページトップへ

一目で斉吉の商品とわかるように考案されたロゴ

ページトップへ

生産者の願いが込められた同梱のしおり

ページトップへ

ご購入はこちらから

プロジェクトリポート

このページをSNSでシェアする

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ