旅して応援

いよいよラグビーW杯!三陸鉄道で釜石のスタジアムへ(後編)

いよいよラグビーW杯!三陸鉄道で釜石のスタジアムへ(後編)

前編に続き、2019年9月に開幕するラグビーワールドカップが開催される岩手県釜石市にある「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」までの道のりをご紹介します。

前編はこちらから
▼いよいよラグビーW杯!三陸鉄道で釜石のスタジアムへ(前編)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/support/travel/detail/107/

おすすめレポート

鵜住居駅の前に整備された「うのすまい・トモス」 震災の出来事を伝えていく施設、祈りを捧げる場、交流を楽しめる場、、、 沢山の方の力でできたエリアです。 ぜひ、足を運んで「鵜住居の今」を感じてみてください。

おすすめする人

チームレインボー
菅原 陽子

菅原 陽子

見どころ満載の「うのすまい・トモス」

鵜住居駅を降りると、すぐに複数の建物があります。ここは2019年3月にできたばかりの「うのすまい・トモス」。震災の出来事を伝えていくとともに、人々が交流を楽しめる場になるようにと、複数の公共施設が建てられています。

奥のエリアでは、市民体育館が建築中でした。

ページトップへ

駅を降りるとすぐ見えてくるのが、観光交流拠点施設の「鵜の郷交流館」です。

トイレは24時間利用できるようになっています。

ページトップへ

ここには、お土産店と飲食店が入っています。

ワールドカップに向け、ラグビーグッズが多く置かれています。

ページトップへ

観光客ばかりではなく、地元の方々も多く訪れていました。

加工品のほかに、鮮魚も販売しています。

ページトップへ

飲食コーナーでは、海鮮や蕎麦、釜石ラーメンが食べられます。この日は、漁協直営のお店で海鮮丼をいただきました。

ネタはその日の仕入れによって変わるので、何が食べられるかお楽しみに。

ページトップへ

交流館の隣には、震災伝承と防災学習のためにつくられた「いのちをつなぐ未来館」があります。詳しくは【とうほくリポート】をどうぞ。

▼【とうほくリポート】震災の記録を残し、未来の命を守る--岩手県釜石市の「いのちをつなぐ未来館」
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/enterprise/detail/263/

オープンからわずか2ヶ月で、来館者1万人を突破しました。

ページトップへ

入り口近くにある「釜石祈りのパーク」は、震災で亡くなった方々を慰霊・追悼するための場所です。

慰霊碑や、この場所に到達した津波の高さを示すモニュメントがあります。

ページトップへ

いよいよスタジアムへ!

ラグビーワールドカップが行われる会場は日本に12箇所ありますが、ワールドカップに合わせて新設されたのは釜石のスタジアムだけです。鵜住居駅からは歩いて5分ほどで到着します。

海と森に囲まれた、自然の中のスタジアムです。メインスタンドの屋根は、鳥の羽や船の帆がイメージされています。ワールドカップに合わせ、1万6,000席もの座席が増設されました。

ページトップへ

もちろん、いざという時の備えも万全です。

避難経路が整備されているほか、災害時に使えるヘリポートも備えています。

ページトップへ

2019年9月・10月に、ここ釜石のスタジアムで、ラグビーワールドカップの試合が行われます。ラグビーに詳しい方もそうでない方も、これを機に釜石へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

前編はこちらから
▼いよいよラグビーW杯!三陸鉄道で釜石のスタジアムへ(前編)
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/support/travel/detail/107/

うのすまい・トモス
https://unosumai-tomosu.jp/

釜石鵜住居復興スタジアム
https://kamaishi-stadium.jp/

ページトップへ

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ