旅して応援

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま

福島県いわき市小名浜にある「アクアマリンふくしま」。。環境学習を題材としたスクールを開催するなど、楽しみながら学び、体験できる施設として人気を集めています。

詳しくはこちら

プロジェクトリポート

おすすめレポート

楽しみながら学び、体験できるのが魅力です!そして大きな水槽は迫力満点です!

おすすめする人

チームレインボー
中舘牧子

中舘牧子

アクアマリンふくしまの特徴的な展示

水族館で目にすることがあまりない「サンマ」と「メヒカリ」の展示があります。
お魚を食べる際には見たことはありますが、生きているのはめずらしいですよね。

サンマは非常に飼育が困難で、採取も難しい上、鱗が剥がれやすく、すぐに傷がついて弱ってしまいます。
展示していても、水槽を見ている人が動くだけで、それに驚き、壁にぶつかってしまうくらい神経質な生きものなので、通年で展示しているところはないそうです。
同じように採取が難しい「メヒカリ」は、海底に生息しており、生きたままの採取が難しく、国内の水族館のなかでもメヒカリを見られるのは、ここだけなのです。

ページトップへ

体験メニューが充実!

夜の水族館見学プログラムやアクアマリンキッズプログラムなど、イベントも充実しています。
生きものの生態や命の大切さなど、さまざまな体験を通して楽しみながら学べるプログラムは、子どもから大人まで大人気です。

タイミングが合えば大水槽の前で寝ることもできるかも!(お子様のみ)

ページトップへ

迫力満点の水槽と目の前にあるお寿司やさん

黒潮と親潮は、日本列島の南と北から何千キロもの旅をして、福島県沖で出会います。そのため「潮目の海」と名付けられています。その「潮目の海」の目の前にはお寿司屋さんがあるというのも驚きです。

マグロの資源量などの海洋資源についても、みなさんに知ってもらおうと始めたそうですが、やはり2万匹のマイワシとカツオ、マグロの仲間のキハダが泳ぐ水槽の前でお寿司をいただくなんて、そんなに簡単に経験できることではありません。
もちろん、寿司ネタは目の前の水槽から魚を調達するわけではないのですが、寿司ネタと同じ魚が目の前で泳いでいると思うと、なんだか不思議な気持ちになります。

潮目の大水槽前にある寿司処「潮目の海」

ページトップへ

大きな水槽に日差しがさすと吸い込まれそうなくらい神秘的

ページトップへ

施設情報

アクアマリンふくしま
住所: 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
電話: 0246-73-2525
営業時間:(通常期) 3月21日~11月30日 9:00~17:30
     (冬 季)12月 1日~ 3月20日 9:00~17:00
      ※最終入館時刻は閉館1時間前までとなります。
定休日:年中無休

ページトップへ

詳しくはこちら

プロジェクトリポート

最新の記事

ピックアップ

ページトップへ