旅して応援

宮古・北山崎の2泊3日の自然体験旅行(その2)

宮古・北山崎の2泊3日の自然体験旅行(その2)

北山崎、龍泉洞
2泊3日で巡る盛岡~宮古~北山崎~龍泉洞の自然体験スポットを紹介します。
平成25年9月に日本ジオパークとして認定された三陸ジオパークを構成する宮古・北山崎・龍泉洞の各ジオサイトをめぐり、自然体験を楽しむとともに地球活動の歴史を感じてください。
後半は北山崎のスポット、龍泉洞をご紹介します。

おすすめレポート

宮古地域のあとは北山崎から龍泉洞へ。大自然の美しさと美味しい食事を堪能できるおすすめエリアです。

おすすめする人

チームレインボー
田中学

田中学

北山崎で自然体験

北山崎は平成11年8月に財団法人日本交通公社が公表した全国観光資源評価の自然資源・海岸の部で、国内で唯一最高ランクの特A級に格付けされた、名実ともに日本一の景観を誇る海岸です。
200 メートルの切り立った断崖が8キロに渡って連なる様子はまさに圧巻。海からは巨岩や海食洞門が点在しています。

北山崎から北山浜までの自然遊歩道(上段)、第2展望台からの眺め。(左下)、北山崎断崖クルーズ、(下段右)

ページトップへ

①北山崎展望台
 第1~第3展望台まであります。
 第1展望台、第2展望台からはポスターやパンフレットにある北山崎の絶景を見ることが出来ます。

②北山崎自然遊歩道を歩く
 普代村黒崎漁港から田野畑村明戸キャンプ場まで約20kmの北山崎自然遊歩道は、断崖や浜辺を通るルートです。手掘りのトンネルや灯台など変化に富んだコースは、「遊歩百選」にも選ばれ、手つかずの自然を感じられます。遊歩道ではクマ注意の看板が設定されている箇所があり、ヘビに遭遇することもあります。トレッキングに慣れた方、もしくは地元のガイドと一緒に楽しんでいただくことをお奨めします。

【北山崎第1展望台からのコース】
 ・北山崎第1展望台~北山浜 (片道3.7km)
  急な長い階段もあるかなりきついコースですが、空の青、海の青、そして迫力満点の岩肌を思いっきり
  楽しむことが出来ます。
 ・北山崎第1展望台~北山浜~明戸キャンプ場(片道9.0km)
  北山浜を超え、さらに5.3km明戸キャンプ場まで断崖絶壁の北山崎の海岸を歩きます。
  引き続き道はアップダウンに富んだ厳しいコースですが、ゴツゴツした岩の海岸を通ったり、二つの小さな
  手彫りのトンネルを抜けたりと冒険感いっぱいの面白みがあります。
  なお、手彫りのトンネルの中は真っ暗になりますので懐中電灯を持参ください。

③北山崎の迫力ある眺めを海から満喫
 荒々しい外海の揺れや断崖の絶景など、非常にスリリングで迫力満点な北山崎を北山崎断崖クルーズ、
 サッパ船アドベンチャーズにてクルージング体験することが出来ます。

ページトップへ

北山崎白花シャクナゲ荘で宿泊

北山崎第1展望台目前には北山崎園地内唯一の宿である白花シャクナゲ荘があります。
12部屋(合計36名)、トイレ・洗面所・お風呂はすべて共同の建物は今年で43年目を迎え、レトロ感いっぱいの合宿所という感じでしょうか。家族3人切り盛りしている宿に入るとアットホームな暖かい空気に包まれます。
シャクナゲ荘の特徴は海の幸たっぷりの食事です。現役漁師でもあるオーナーの泡淵正さんは、春はフノリ・岩ノリ、夏はウニ、冬はアワビ漁をしています。
夕食ではシャクナゲ荘創業以来の人気メニューである元祖磯釜飯、生ウニ、石や松葉で北山崎をイメージした盛り付けの刺身盛り合わせなど、食べ切れないほどに並べられた新鮮な海の幸を堪能することが出来ます。
※時期や宿泊コースによって食事内容は変わりますので詳しくは宿にお問い合わせください。

シャクナゲ荘の夕食例

ページトップへ

北山崎の素晴らしさを伝えたい

震災以降は田野畑村で経営している旅館は3件となってしまい、それから県外から来る宿泊者が圧倒的に多くなりました。インターネットの旅行サイト等でもさほど大きくは扱っていない中、多くの宿泊者は口コミで聞きつけ訪れています。中には噂を聞きつけた名古屋や北海道の居酒屋経営チェーンのスタッフが魚料理の勉強のため宿泊した、という例もある程です。
「シャクナゲ荘ではツイッターを通して、北山崎の素晴らしい景色・状況をどんどん伝えていきます。」とは長男の和也さん。インターネットを活用したシャクナゲ荘の発信強化が今年の目標です。
「こんな綺麗な景色を毎日見ていれば、それ以上の贅沢はいりませんよ。」オーナー正さんは北山崎への思いを語ります。
シャクナゲ荘は北山崎の素晴らしさをこれからも発信していき、その自然に触れ楽しむために来たお客様をお迎えしていきます。

北山崎白花シャクナゲ荘
住所:〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-7
電話:0194-33-2085
URL:http://www.shokokai.or.jp/03/0348411122/index.htm
ツイッター:Twitter@shyakunageso

泡淵正さん(上段中)、長男の和也さん(上段左)、奥様の昭子さん(上段右) 北山崎の地に群生しているシロバナシャクナゲから宿名を命名したシャクナゲ荘。(下段)

ページトップへ

龍泉洞で「ドラゴンブルー」の地底湖を見る

北山崎から盛岡へ向かう途中の岩泉町に龍泉洞があります。
龍泉洞は日本三大鍾乳洞のひとつで洞内に棲むコウモリと一緒に国の天然記念物に指定されています。洞内はすでに知られているところだけでも3,600mでそのうち700mが公開されています。総延長は5,000m以上になると考えられています。その奥からは清水が湧き出て、数か所の深い地底湖を形作っています。その中でも第3地底湖は水深98mで世界でも有数の透明度です。深い青色の湖と、まるで芸術品のような鍾乳洞を楽しむことが出来ます。

龍泉洞
住所:〒027-0501 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1
電話:0194-22-2566
URL:http://www.iwate-ryusendo.jp/

龍泉洞入口前では湧き水を汲むことが出来ます。(写真左) 神秘的な光景の乳洞内。(写真中) 高い透明度ゆえの青さ、「ドラゴンブルー」の第一地底湖。(写真右)

ページトップへ

ページトップへ