ドコモ 東北復興・新生支援

笑顔の架け橋 Rainbowプロジェクト

  • HOMEHOME
  • 楢葉町でお買い物。「ここなら笑店街」のパン屋さん「ベーカリーハウスアルジャーノン」

楢葉町でお買い物。「ここなら笑店街」のパン屋さん「ベーカリーハウスアルジャーノン」

2019.01.16

ここなら笑店街

 2018年6月に福島県楢葉町にオープンした「ここなら笑店街」。
 待望のスーパーマーケット「ブイチェーンネモト」、ホームセンターの「コメリ ハード&グリーン楢葉店」をはじめ、飲食店、カフェ、ベーカリー、クリーニング屋、理容室など、10店舗がオープン。(2019年1月現在)
 それまで、楢葉町の商店は、楢葉町役場前の仮設商店街とコンビニエンスストアのみで、隣町の広野町のイオンや富岡町のさくらモールとみおかまで行かなくてはなりませんでした。ここなら笑店街のオープンで、ずいぶんと町内での買い物が便利になったといいます。

おすすめレポート

ここなら商店街には美味しいお店が並んでいます。今回は、商店街のお店、「ベ―カリーハウスアルジャーノン」や「ブイチェーンネモト」をご紹介します!

(チームレインボー 菅原陽子)

ここなら笑店街のお店の一つ、「ベ―カリーハウスアルジャーノン」は、楢葉町の皆さんにとって思い入れのあるお店。

recommend_image1.jpeg

「ベーカリーハウスアルジャーノン」

 ベ―カリーハウスアルジャーノンは、楢葉町で長らく営業をしていましたが、東日本大震災と原発事故の影響で、いわき市小名浜に店舗を移し、営業を続けていました。 
 ここなら笑店街オープンにあたり、小名浜の店舗は残したまま、楢葉町にも店舗をオープン。オープン当初は、顔見知りのお客さんが来店しては、「またアルジャーノンのパンを食べられてうれしい」、「楢葉町に戻ってきてくれてありがとう」と声をかけられながらの営業だったとのこと。今でも、世間話をしながら営業できるのは地元ならではといい、もともとの地元の方のほか、楢葉町で働く作業員の方とお客さんの層は半々くらいなのだそうです。

recommend_image2.jpeg

店内の風景

ベーカリーハウスアルジャーノンの一番人気は「塩パン」。シンプルな中に、バターの風味がたっぷり。歯ごたえはきちんとありながらふわふわの触感は、何個も食べたくなってしまうおいしさ。リピーターが多いのもうなづけます。

デニッシュには旬のフルーツを使用するので、季節ごとに変わるそう。(12月はイチジクでした)店舗で生地から手作りしているパンを、ぜひ味わってみてください。(10:00~18:00の営業、日・月定休日)

recommend_image165_3.JPG

人気NO1の塩ぱん

「ブイチェーンネモト」は、町内唯一のスーパーマーケット。地産地消の野菜や出来立ての惣菜がそろうのは、当たり前のことかもしれませんが、このネモトがオープンするまでは楢葉町になかったことです。こうして少しずつ「暮らしやすさ」が戻って来ているのです。

recommend_image4.jpeg

 「ブイチェーンネモト」の店内

店内には、子ども連れのお母さん、仲のよさそうな年配のご夫婦、地元で働く作業服姿の男性、視察に来たようなスーツ姿のグループなど、幅広い客層に、今の楢葉町を感じます。
 福島県の地酒や楢葉町・いわき市のお土産もそろえ、カード会計も可能。視察や仕事で訪れる人たちにもありがたいお店です。

recommend_image5.jpeg

ゆず太郎の商品も並んでいます!

 楢葉町にまだ少ない、カフェや飲食店がそろっているのも魅力です。楢葉町にお越しの際には、ぜひここなら笑店街に寄ってみてくださいね。

recommend_image6.jpeg

「Mare di Caffe」

2019年1月現在の、各店舗の営業時間はこちらから↓
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/tohoku/go/0010.html

recommend_image7.jpg

ここなら笑店街

「ここなら笑店街」の隣には2018年7月にオープンした新しい交流みんなの交流館 ならはCANvas」が隣接しています。

▼【旅して応援】使う人がルールをつくる!?福島県楢葉町、みんなの交流館「ならはCANvas」
http://rainbow.nttdocomo.co.jp/tohoku/go/0010.html

このページをSNSでシェアする

関連記事をさがす

トップページへ戻る