ドコモ 東北復興・新生支援

笑顔の架け橋 Rainbowプロジェクト

チームレインボー
メンバー紹介

NTTドコモ常務執行役員
法人ビジネス本部長、東北復興新生支援室長兼務

坪内 恒治(つぼうち こうじ)

ドコモは、2011年12月に「東北復興新生支援室」を設置して以降、これまで、全国から公募で集まってきた志の高いメンバーで、被災地に何度も足を運び、現地の人と一緒に地道に解決策を考えてきました。 この間行ってきた、漁業や農業などの一次産業を中心とした復興支援ほかさまざまな取り組みは、被災地の方々に一定の評価をいただけているのではないかと思っています。

ドコモはこれからも、自治体・大学・各企業などのパートナーの皆さまとの協創をさらに推進し、地域の社会課題を解決する仕組みを創出してまいります。そして東北の地から新しい価値を全国に提供していく、「みらいのふるさとづくり(復興からはじまる地方創生)」に取り組んでまいります。

メンバー一覧

メンバー自己紹介

堆 英明
(あくつ・ひであき)

プロジェクトへの想い
3.11から東北の被災地が復興し新しい未来社会に繋がり、世界に発信・共感できる社会をつくります。
主な活動内容
無農薬無施肥栽培米のプロジェクトリーダーを務めています。
東北地域における地方創生課題を農業分野からアプローチしています。
東北の好きなところ
日本の中で一番自然が豊かで人々にあらゆるものを与えてくれる土地であり、そこに暮らす人々たちも自然を大切に未来へ残そうとしているところが大好きです。
活動拠点
東京オフィス

氏家 直昭
(うじいえ・なおあき)

プロジェクトへの想い
被災者のみなさんと笑顔で未来を語れるよう取り組んでまいります。
主な活動内容
農林水産業においてワクワクする未来をいっしょに創る。
東北の好きなところ
自然豊かで静かに明日を見つめることができる場所があるところです。
活動拠点
仙台オフィス

小塚 秀一
(こづか・しゅういち)

プロジェクトへの想い
何年たっても東北復興への想いは変わりません。
これからも人々の生活に寄り添った活動を展開していきます。
主な活動内容
被災地域の新たな街づくりと産業の活性化に向けた取組みを中心に持続的な復興応援活動に努めています。
東北の好きなところ
海と山の自然豊かな環境と優しい方言。
活動拠点
東京オフィス

後藤 知之
(ごとう・ともゆき)

プロジェクトへの想い
地域を盛り上げようとしている人に寄り添いお手伝いさせていただきます。
主な活動内容
獣害による農作物被害を軽減するため日夜課題解決に向け奮闘中。
東北の好きなところ
海、山、川、食べ物。飾ったところがなく人があたたかいです。
活動拠点
仙台オフィス

坂井 佐和子
(さかい・さわこ)

プロジェクトへの想い
被災地という言葉を乗り越え、前進し続ける新しい東北をもっと多くの方に知ってもらえるよう頑張ります。
主な活動内容
生産者と消費者をつなげる仕組みを考えたり、東北の情報発信を行っています。
東北の好きなところ
四季折々の自然。春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、冬は白雪と四季をダイレクトに感じられるところ。
活動拠点
東京オフィス

佐々木 亮
(ささき・りょう)

プロジェクトへの想い
「少しでもお役に立てることはないやろか?」を追い続けてきた10年間。
出会った方々の笑顔とありがとうをエネルギーに活動を続けています。
主な活動内容
2011年から福島のコミュニティ維持のお手伝いとボランティアを続けています。
東北の好きなところ
人の温かさと温泉のぬくもり。2018年には温泉ソムリエ認定も取得し、週末には究極の癒しを求めて放浪しています。
活動拠点
仙台オフィス

内藤 宣仁
(ないとう・のりひと)

プロジェクトへの想い
復興活動当初から色々様変わりしていますが、現場視点に立つという当初からの考えを崩さず活動していきます。
主な活動内容
一次産業を中心とした現場発の仕組みづくり、自治体と連携した発展的な人材開発など
東北の好きなところ
新鮮な魚介類を筆頭に美味しいものが各地で堪能できるところです。
活動拠点
東京オフィス

水野 浩伸
(みずの・ひろのぶ)

プロジェクトへの想い
「東北の課題を解決することが、日本全国の課題解決につながる」
そんな想いで目の前のことから1つずつ活動をすすめています。
主な活動内容
中山間地農業の活性化のお手伝いをしながら、メンバーの仕事をしやすい環境作りもしています。
東北の好きなところ
海・山をはじめ、自然がいっぱいで、食べ物が美味しいところ。
活動拠点
東京オフィス

山本 大介
(やまもと・だいすけ)

プロジェクトへの想い
力強く前に進む東北で「みらいのふるさと作り」のお手伝いをしたい。
いまや東北は私の第二のふるさとです。
主な活動内容
現地の視点でいまをもっと良くする仕組みづくりにさまざまな分野で挑戦。 東北から全国へも、その成果を発信していきます。
東北の好きなところ
自然、そして東北の人が持つ波長のようなものが自分にはピッタリくる感じです。
なぜだか、落ち着きます。
活動拠点
東京オフィス