ドコモ 東北復興・新生支援

笑顔の架け橋 Rainbowプロジェクト

  • HOMEHOME
  • 被災地のいま

写真で見る「いま」

レインボープロジェクトのスタッフが現地の写真をSNSに投稿し、被災地の「いま」を写真でお伝えします。

投稿順に軌跡を見る

年別に軌跡を見る

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

データで見る「いま」

人々の生活

避難者は47万人から約4.2万人まで減少しました。災害公営住宅、高台移転はほぼ完了と、住宅再建は着実に進捗し、概ね完了しています。施設やインフラ整備も概ね完了し、今後は、ソフト面である心身のケアや孤立の防止、生きがいづくりやコミュニティ支援など「心の復興」が重要になってきています。復興の進展に応じて生じる課題にきめ細かく対応していく事が大切です。

  • 災害公営住宅

    100%完成

    計画戸数:約3万戸
    ※原発避難からの帰還者向けを除く

  • 高台移転

    100%完成

    計画戸数:約1.8万戸

  • 医療施設

    98%完成

    計画施設数:182か所

  • 学校施設

    99%完成

    計画施設数:2,330校

  • 復興道路・復興支援道路

    87%完成

    計画距離:570km

  • 海岸対策

    85%完成

    計画箇所数:671箇所

出典
「復興の現状と課題」令和3年1月 復興庁
「東日本大震災からの復興に向けた道のりと見通し」令和3年1月版 復興庁

産業の再生

農業においては、津波で被災した農地面積のうち、94%の面積で営業再開可能、水産加工施設は97%で営業再開し、生産の水準は概ね回復しています。
売上の回復は業種別にばらつきが見られるため、再開が遅れ、販路を失った水産加工業の新たな販路開拓、福島県の農林水産業の再生に向けた風評払拭、被災地企業の人材確保等が課題となっています。

  • 農業

    94%再開可能

    津波災害農地面積に
    対する営業再開可能
    面積の割合

  • 水産

    97%再開

    業務を再開した
    水産加工施設の割合

出典
「復興の現状と課題」令和3年1月 復興庁

観光業の推移

岩手県、宮城県、福島県内に宿泊した外国人の数は震災前以上に回復しています。

  • ※従業員数10人以上の宿泊施設を対象
    ※震災前の平成22年を100%とする
  • 出典:「宿泊旅行統計調査」観光庁

0000年00月

テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。テスト。